副業

【失敗談】副業に挑戦しては失敗し続けた話とそこから学んだこと5選

※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

そんなに失敗してきたん?

失敗してきたというより、失敗しかしてない。


そう、2023年の今は、終身雇用が崩壊し世紀の大副業ブーム。


そんな中、銭コロがほしい銭ゲバの俺は大学生の頃から陰ながらあらゆる副業に挑戦し続けてきた。


そして、すべての副業に失敗し続けてきたから、その体験談とそこから学んだことを包み隠さず話そうと思う。

失敗してきた副業たち

今までどんな副業をしてきたん?

5個くらいの副業に挑戦してきた。そして全て失敗した。笑


数々の副業をしてきた中で、人生で初めて挑戦した副業は大学生のときにした「情報商材」だった。

失敗してきた副業【情報商材】

悪名高い「情報商材」が副業のスタートだった。


始めたのは、大学2年の夏だった。


まぁ、よくあるTwitterにはびこっている「副業でキラキラ生活送ってる系アカウント」からフォローされたことがきっかけだった。


当時、社会の常識を全く知らない俺は「怪しい」と思いながらも「ワンチャン俺も稼げるんじゃね?」と考え、そのキラキラ系アカウントに連絡をしてしまい、あれよあれよと

情報商材のコンサル代として30万円を振り込んでしまった

とんでもないよね。30万円とかどう考えても詐欺やろ。笑


ただの貧乏大学生だった俺が30万円なんて大金を払えるわけがなく消費者金融で人生で初めての借金をしたことを今でも鮮明に覚えている。


詳しく話すと長くなるので、詳細はまた後日書こうと思う。

結論、稼げたのか?

結論、稼げた。


コンサル代が30万円なんて詐欺臭が半端なかったが、一応ちゃんと情報商材を売る方法を教えてくれた。


そして、「なんとしても元を取る」と気合が入っていたので

30万円の元を回収することに成功する

でも、情報商材を副業として続けることは断念する。


理由は簡単に言うと、作業量が半端ないし、人を半ば騙して売りつける手法だったので、コスパ悪いのと稼いでいて気持ちよくなかったから。


結局、情報商材は1年弱続けてトータル40〜50万円は稼げた。

手を出した副業 ①情報商材

  • 初期費用→30万円(コンサル代)
  • 稼いだ金額→40〜50万円/年


失敗してきた副業【Instagram運用】

そもそもインスタって稼げるん?

インスタのインフルエンサーは基本的にクソアフィリエイター集団。



インスタで何万人もフォロワーを抱えるアカウントが沢山あると思うんだが、こいつらの収入源は、主にアフィリエイトと企業案件だ。


文字が入った投稿に溢れているアカウントはハイライトにほぼ100%アフィリエイトのリンクを貼っていて、フォロワーたちがそのリンクから商品を購入することで銭コロを巻き上げているわけだ。


月収100万円Overの人も沢山いるし、副業でガッポガッポ稼いでいる人もかなり存在する。

そんな稼げるなら、俺もやろう

みんなにできるなら、俺にもできる。


俺の長所でもあり短所でもあるが、フットワークが軽すぎるので、とりあえずやってみようとバンバン色んなものに手を出してしまう。


Instagram運用も例外ではなかった。Instagram運用の稼ぎ方はザックリ下の感じだ。

ジャンル選定→フォロワー増やすアフィリエイトリンクを貼った投稿・ハイライトを作成→フォロワーたちにリンク経由で購入してもらう→紹介料で稼ぐ

という流れ。


いざ、やってみると現実を見る

簡単そうに見えたんだが、全然うまくいかなかった。


まずどのジャンルで戦うかを決めないといけない。


俺は健康系のジャンルで、その中でも無添加食品について情報発信するアカウントで、フォロワー増やしてがっぽり稼ごうと考えて、コツコツ投稿をしていた。

全くフォロワーが増えない

フォロワーが増えないのはビビるぐらいきつい。


1投稿作るのに1時間以上かかるのを働きながら毎日投稿し続けるのは、想像以上にしんどかった。


フォロワーが増えればモチベも保てて、継続できたのだが結果が出ない状態で、ネタも考えて投稿作るのは普通にしんどかった。

ジャンル選定が悪かったのかのかとジャンルを変えるもうまく行かず結局、転職系と健康系のアカウントを2ヶ月ずつ運営したが、うまく行かず撤退。っていう感じ。

手を出した副業 ②Instagram運用

  • 初期費用→0円
  • 稼いだ金額→0円/年


失敗してきた副業【Youtube】

でた、今流行りのユーチューバー?笑

そうそう。ユーチューバーになって逆転を狙った。


Youtubeは大学生の頃からやってみたいと思っていたが、パソコンや編集ソフトを買う金もなくて、結局できずじまいだった。


しかし、社会人になって金に少し余裕が出たので、MacBookとFinal Cut Proを購入してVlogと転職系のチャンネルを運営した。

1年間継続して、チャンネル登録者数は700人に

あと少しで収益化ラインの1,000人だったが辞めた。


なぜ辞めたのかというと、会社にバレたからだ。笑


見られて困る内容ではなかったが、顔出しもしていたし当時働いていた会社は副業が禁止だったので辞めざるを得なかった。


てか、普通に恥ずかしすぎて進んで辞めた。笑

手を出した副業 ③Youtube

  • 初期費用→15万円(パソコンと編集ソフト代)
  • 稼いだ金額→0円/年


失敗してきた副業【動画編集代行】

動画編集代行ってYoutubeと同じじゃないの?

全く違う。動画編集代行はユーチューバーの動画編集を代行すること。


よくごっちゃにされるが、動画編集代行はユーチューバーとは全く違う。


動画編集代行は、ユーチューバーの動画を変わりに編集することで報酬をもらうビジネスモデルだ。


1本の動画編集代行をすると、動画時間によるが大体5,000円〜20,000円くらいの報酬になる。


ただ、10分の動画を1本編集するのに慣れていないと1日以上かかる場合もあるので、なかなかハードワークな副業となる。


動画編集代行は、ほとんど割に合わない

時給換算すると、100円とか全然ある。


俺も例外ではなく、最初のうちは時給50円とかでクラウドワークスやランサーズなどのクラウドワークスのプラットフォームで案件を受注していたが、ただただ疲弊した。


動画編集で荒稼ぎしている人は、動画編集ディレクターになったり、Youtubeチャンネルを運営するといった立場をどんどん上げて重い責任を背負うことで、月収100万円以上を稼いでいる。


そこまでゴリゴリ動画編集を続ければよかったのだが、本業と並行して行う気力は俺にはなかった。


結局、2案件ぐらい納品して3,000円稼いで2ヶ月ぐらいで辞めた。

手を出した副業 ④動画編集代行

  • 初期費用→0円
  • 稼いだ金額→3,000円/年


失敗から学んだこと5選

めっちゃ失敗してるから、いっぱい学んでそう。笑

癪だがその通り。いろんなことが分かってきた。


行動しまくって、失敗しまくってきた。その学びを今から話していくから、俺と同じ鉄を踏まないようにしてくれ。

①人から勧められる副業はろくなものがない

勧誘されて副業は絶対に始めてはならない。

20歳を超えると色んな所から怪しい勧誘が来ると思う。そして、初期費用がかかるなんてことがあったら、本当にしないでくれ。

俺はそれがわからず、コンサル代として30万円を消費者金融から借金をして払って情報商材を始めた。


運良く、30万円以上稼げたから良かったが、稼げない可能性も大いにあった。


「簡単に稼げる」なんてことは殆どの場合ありえないので、くれぐれも注意してくれ。

②副業では簡単に稼げない

当たり前だが、お金を自分一人で稼ぐことは難しい。


雇われて稼ぐことは簡単だが、一人の力で稼ぐとなると、たった1円を稼ぐことすら難しい


副業ブームの現代、SNSでは月収100万円以上稼いでいる人が山程いるので錯覚するが


何度でも言う。1円を稼ぐことは難しい。

③稼げるまでに途方も無い時間がかかる

最初の1年間は、無休だと覚悟したほうがいい


あなたに特別な才能がなければ、圧倒的な行動料がなければ、あなたは副業で簡単に稼げない。


1円を稼ぐまでに1年かかるかもしれない。でも、副業は実際にそれぐらい難しい。


これは実際にやってみないと本当の意味は理解できない。

④副業をやるなら初期費用は少ないものをする

初期費用が大きいとエグいぐらい不安になる

俺は実際に情報商材を始めたときは30万円の借金をしたが、かなり不安ではあった。てか不安しかなかった。


その不安をバネに頑張れたという点はメリットではあったが当時は大学生だったから、時間をフルに使えたのでよかった。


でも、会社員で副業をする場合は、あくまでも副業なので時間の確保すら難しいので、初期費用が大きいと、いつまでも回収の目処が立たず、精神が病む。

⑤本業を活かせる副業を選ぶのがオススメ

あくまでも本業を極めることを目的とすることが継続のカギ。


副業は1円を稼げるまでに、かなり時間がかかる。1年以上かかる事もザラにある。


だからこそ、その期間をいかに乗り切るかが重要なカギとなるが、本業に関わるスキル向上ができる副業を選ぶと、稼げなくても


「本業の勉強」として大いにプラスとなり、本業で成果を出せて結果的に年収が上がる可能性が高まる。


という大義名分があるので、稼げなくても継続できることができる。

失敗から学んだこと5選

  1. 人から勧められる副業はろくなものがない
  2. 副業では簡単に稼げない
  3. 稼げるまでに途方も無い時間がかかる
  4. 副業をやるなら初期費用は少ないものをする
  5. 本業を活かせる副業を選ぶのがオススメ


現在行っている副業

失敗しまくった結果、今はなにしてんの?

本業を絡めた副業をしてる。ただ結果は出ていない。


大学時代から始めた副業経験を経て、現在は下記の副業を行っている。

現在行っている副業

  • プログラミング(フロントエンド)→0円
  • ブログ→0円
  • Youtubeサムネイル作成代行→月1万円


Youtubeサムネイル作成代行以外は本業に直接関連する副業だ。


俺の本業は人材企業のWeb担当なので、Web広告、SEOの知識はもちろんWebディレクターとしてフロントエンド周りの知識も必要となってくるから、プログラミングとブログは確実に本業のスキルを上げるための副業となる。


Youtubeサムネ作成は、コンスタントに稼げるため行っている。

辞めなければ、負けない

副業は撤退しなければ、いずれ当たる。


副業は辞めた瞬間に負ける。

「諦めたらそこで試合終了ですよ」


安西先生を彷彿とさせるが、この名言はバスケだけでなく、副業にも当てはまる。


俺は、今度こそこれらの副業で必ず銭コロを稼いで見せる。このブログでも、副業の軌跡を刻んでいくからぜひ見守ってくれ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ブラック信長

人材会社でWeb担当←Web広告代理店←不動産営業 26歳 / 社会人2年間で2回転職→職歴ボロボロでも年収320万円→450万円へUpした「逃げ転職」ノウハウを発信中。サブで副業で一攫千金を狙う。

-副業
-

© 2024 逃げ転職 Powered by AFFINGER5