転職

「辞められるとは思うなよ」と退職でボロクソに言われた理由と対処法【ブラック企業】

※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

「退職したい」と上司に話したらボロクソに言われそう。どうにかしてスムーズに辞める方法はない?

こんな悩みを解決していく。

本記事の内容

※クリックすると、気になる項目までページ内移動ができるぞ。

本記事の信頼性

本記事を書いている俺は、実際に新卒半年で不動産会社を退職無職2ヶ月経験→月残業20時間以下のホワイト企業に転職。嫌なことから逃げるように2回転職をして年収を320万→450万へ年収UPに成功。

はじめに

もしあなたの上司がクソ上司だったとき、あなたは簡単に会社をやめることはできないだろう。

退職届を出そうものなら、

何考えてんだ。絶対やめさせないからな。殺すぞ。

的な感じでボロクソに言われて簡単に辞めさせてくれないのがオチだ。

そこで今回は

  • 上司はこんなにボロクソに言ってくる理由
  • ボロクソに言われてもすぐに辞められる方法


について解説するので、

今ブラック企業で働いていて、なかなか辞められなくて精神的に辛い。。

と悩んでいる人は、元ブラック企業で働いていた俺が実体験をもと解決策を話すので、最後まで読んで欲しい。


★★金がない&転職にちょっとでも興味のある人★★

面接を受けるだけで最低3万円以上もらえる転職サービスがあるので、興味のある人は下をタップして詳細を見てくれ↓↓

【オススメ】 面接を受けるだけで3万円もらえた転職サービスはこちら

俺も実際に面接受けて3万円もらえた。最初は怪しいと思うやろうから、一度見てみてくれ。

面接を受けて3万円もらえる転職エージェントはこちら↓↓

ペイキャリアの特徴】

  • ガチで本気のオファーしかこない:採用側も俺達に金を払って面接を組むから、ガチのオファーしか来ない。
  • 面接受けて最低3万円もらえる:オファーもらった企業の面接を受けるだけで、最低3万円以上もらえる。

\とりあえず3万円をゲットする/

ペイキャリアに新規登録する

【結論】ボロクソ言ってくる会社に未来はない。無視して退職すればOK

結論として、ボロクソ言われたとしても無視して退職すればOK。理由は下記の2点だ。

  • 会社をやめるかどうかの決定権はこちらにあるから
  • ボロクソに言ってくる会社は99%ブラックだから


会社をやめるかどうかの決定権はこちらにあるから

当たり前だが、会社をやめるかどうかは会社が決めることではなく、己が決めることなので、仮にボロクソに言われたとしても全く問題ない。

不快にはなるが、無視してやめる分には法律的にも大丈夫なので、サクッと辞めてしまおう。


ボロクソに言ってくる会社は99%ブラックだから

やめると言ってボロクソに言ってくる会社に、どのみち未来はない。

ブラック企業は常に人手不足なので、上司からしても部下に辞められると自分の評価にも響くし、仕事が回らなくなるので辞めてほしくないわけだ。

その中で、優しく説得してくるわけでもなく

てめぇ、舐めてんのか?

今までお前を育ててやったのは誰だ?恩を仇で返すのか?

仕事を放棄するのか?社会のゴミだな。

というような罵倒をしてくるというのは異常なことで、今後改善されるわけがないので、サクッと辞めてしまおう。

俺の体験談

俺は新卒半年で退職したときは、上司からボロクソに言われた。ブラックであればあるほど罵倒される可能性が高い。


どうしても辞められないときは退職代行でサクッとやめる

上司がクソすぎてどうしてもすぐにやめられないと感じたときは、すぐに退職代行に頼ろう。

俺の同期が実際に使っていた退職代行はこちら↓↓

 

俺の元同僚が実際に使った退職代行↓↓

退職代行ガーディアンの特徴】

  • 100%安心:東京都労働委員会に認証されている法適合の合同労働組合なので、違法性なく安心・確実に即日退職ができる。
  • コスパ最強:価格も29,800円とかなり安いためコスパも良い。(退職代行の相場は3~5万円)

 

 

退職代行に任せてサクッと退職する

 


退職を伝えたけどボロクソ言われて受け入れてもらえない時の対処法

退職を伝えてボロクソに言われてどうしようもない時は、どうにかして辞めないといけないのだが、なかなか辞めることができないので

辞める方法について3つ解説する。


【一番オススメ】我慢して普通に辞める

この方法が最も無難でオススメだ。

どうしても辞めさせてもらえないときは、退職代行を使う他ないが、どうしてもお金がかかってくるため、積極的にオススメはできない。

ただし、この記事を読んでいる人は、スムーズに辞められるようなホワイト企業に所属していないと思うので、普通に辞めるのは非常に難しいだろう。


【ややオススメ】退職代行を使って2度と関わらない

退職代行を利用すれば、会社と一切関わらず今すぐ退職することが可能だ。このパターンが最も確実で、安全に退職できる。

ただし、退職代行費用として相場で5万円はかかってくるので

5万円も払えるかよ。もう少し安くできないかね?

と金欠に悩む方へおすすめの退職代行は、退職代行ガーディアンだ。

俺が働いていたブラック不動産会社の同僚も退職代行ガーディアンを使用して辞めていたが、

労働委員会に認証されているから安心だし、価格も29,800円と相場価格より2万円ほど安いから金欠の俺にもピッタリだった。

と言っていたので、金欠の人にはおすすめの退職代行だ。


【オススメしない】バックれて辞める

どうしても辞めることを伝える勇気もなく、退職代行にお金も払いたくないなら、バックれて退職する方法もある。

しかしバックレをすると、その後に起こるリスクが非常に大きく、下記のような面倒なことになりかねないので、あまりおすすめできない。

バックレてやめるときのリスク

それぞれサクッと解説する。


【高確率】身元保証人や家族に連絡される

入社時に、身元保証書という書類にサインした記憶があるのではないではないだろうか?

身元保証人とは?

会社が労働者を雇用するとき、労働者に対する損害賠償責任を一緒に負ってくれる人(つまり、身元保証人)を求めるための書類。

↑身元保証人の例↑

 

身元保証書を提出していれば、労働者が仕事をバックレて連絡がとれなくなったとき、身元保証人に真っ先に連絡がいくのだ。

身元保証人にあなたがバックレたことがバレるだけでなく、何かしら迷惑がかかることになる。

クソ上司に迷惑をかけるならまだしも、家族に迷惑をかけるのは問題ありなので、俺はオススメしない。


【高確率】退職金が支払われない

会社側は、会社をバックレて無断欠勤が続いた社員を懲戒解雇することが可能だ。

そして、 懲戒解雇処分を受けた社員の退職金は、会社の就業規則や退職金規定に従い、「無し」もしくは「減額」される。


【高確率】懲戒解雇される

バックレてしばらく無断欠勤すると会社に対しての違反行為だととられて、懲戒解雇処分を食らう可能性がある。

これは労働基準法でも下記のように明記されている↓↓

労働基準法でも、2週間以上の無断欠勤が続き、かつ、労働基準監督署長の除外認定を得られれば、1ヶ月前の解雇予告をせずに懲戒解雇にできると定められています。

懲戒解雇は、とても重い処分であり、ひとたび懲戒解雇となることは「大きな問題を起こした社員だ」というレッテルが貼られることを意味します。
懲戒解雇となったと面接で伝えれば、まず採用されませんから、転職も難しくなります。



懲戒解雇処分を受けると、その事実は会社を辞めたあとも労働者の経歴に残るため、転職や再就職に不利になる


【低確率】損害賠償請求される



そもそも、バックレられると今まで仕事をしていた人がいなくなるため、会社に損失が出るのは当たり前だ。

そして、損害を負った会社は、その原因を作ったバックレ社員に対して、損害賠償を請求してくる可能性がある。

ただし、損害賠償をするには労力もかかるため、会社が動く可能性は低い。

でも、可能性がある以上、リスクは大きいと言わざるをない。

バックレるのはリスクが大きすぎるので、29,800円払って退職代行ガーディアンに依頼するのを強くおすすめする。


退職でボロクソ言われる5つの理由

退職する時にボロクソに言われる最大の理由は、ボロクソに言ってくるやつが人間的にゴミというのが有力。

しかし、それ以外にも理由はあるので、そちらを知ることで

あぁ、こういう理由でボロクソに言ってくるのね(ハナホジ)

というように、鼻ほじりながら思えるようになろう。


1.退職が決まったからどうでも良い存在になる

退職が決まると、ほかの人にとって興味の対象から外れやすい。

会社や上司、同僚にとっては、その人がいなくなってからの方が大切だからだ。

めちゃくちゃ仲いい人でなければ、退職者のことを気遣う余裕もない。

俺の体験談

俺は新卒半年で退職したときは、もう業務を教える必要もなくなったので、やめるまでの1ヶ月半くらいは放置されていた。掃除しかしてなかった気がする。笑


2.裏切られたと思ってしまう

退職を伝えた際、上司が裏切られたと思ってあなたを罵倒してくることもある。

実際に俺が新卒半年でやめた時に下記のようなことを言われた↓↓

今までお前を教育してきたのにその恩を仇で返すのか。

どうせ違う会社に転職してもうまくいかないぞ。

厳しく叱ってきたのはお前に期待していたからなのに、俺の時間を返してくれ。

特にあなたに時間を割いていた人ほど、怒りが湧いてくる。

さらに

やめるなら事前に相談してほしかった。


と絶対に言われるが、事前に相談しても100%止められてウザいだけなので、退職が決まってから伝える流れで何も問題ない。


3.ひとりが辞めることでしわ寄せがくる

会社において退職者が出ると、あなたがしていた仕事を誰かが引き継がなければならない。

よって、基本的に忙しいのにまた仕事が増えることになり、残された人はいい気はしない。


4.辞めたい人にとっては嫉妬の対象になる

辞める時にボロクソに言ってくるような会社は、他にも辞めたいと思っている人は大勢いるので、そのような人から

こいつ、辞めやがった(うらやましい。。)

と思われるので、嫉妬される対象となるだろう。


5.仕事が忙しいのに辞めることが腹立つ

ブラック企業はシンプルにみんな忙しいので、あなたが一人辞めるだけで、あなたがしていた仕事を誰かがしなければならないので、忙しくなる。

忙しくなれば、必然的にみんなイライラするので、辞めるあなたに腹が立って、ストレス発散のためにボロクソに言ってくる可能性がある。


退職に関するよくある質問

退職代行は本当に自分は何もしなくても退職できるの?

できる。しかし引き継ぎだけはやっておかないと、会社に残された人はあなたの尻拭いをしないといけないので、引き継ぎはしておいた方がいい。ただし、引き継ぎと言っても直接引き継ぐわけではなく、引き継ぎ資料としてまとめておいて、退職代行業者を経由して会社に渡してもらうという形式を取れば問題ない。

何も言わずに突然飛んだら犯罪になるの?辞められるの?

犯罪にもならないし辞められるが、下記の2つのリスクがあるので、このリスクを許容できるか否かは自己判断だ。

リスク1:退職金が支払われない可能性がある

→会社側は、会社をバックレて無断欠勤が続いた社員を懲戒解雇することが可能です。

そして、 懲戒解雇処分を受けた社員の退職金は、会社の就業規則や退職金規定に従い、「無し」もしくは「減額」されます。

リスク2:実家に連絡される可能性がある

→会社をバックレると、本人への電話や居住地へ訪問される可能性があるだけでなく、実家に連絡される可能性があります。

会社側としては、バックレられていることを知らないので、何かあったのかと心配したり、出社しないことで仕事が回らなくなり説得するために連絡を取ることはおかしいことではありません。


まとめ

あなたに伝えたい

ブラック企業だとほぼ確実に退職する時に止められるし、なかなか辞めさせてもらえないことが多い。

だからこそ、ボロクソに言われる可能性も高い。

ボロクソに言われて嫌な思いしたくないなら、退職代行でサクッと辞めるのをおすすめする。

ブラック不動産会社で俺と一緒に働いていた同期は、退職代行でサクッと辞めていったが、俺は普通に辞めたいと言って辞めるまでにボロクソ言われた。

だからこそ、ノーストレスで辞めたいなら29,800円払ってノーストレスで辞めてしまおう。

 

俺の元同僚が実際に使った退職代行↓↓

退職代行ガーディアンの特徴】

  • 100%安心:東京都労働委員会に認証されている法適合の合同労働組合なので、違法性なく安心・確実に即日退職ができる。
  • コスパ最強:価格も29,800円とかなり安いためコスパも良い。(退職代行の相場は3~5万円)

 

 

退職代行に任せてサクッと退職する

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ブラック信長

人材会社でWeb担当←Web広告代理店←不動産営業 26歳 / 社会人2年間で2回転職→職歴ボロボロでも年収320万円→450万円へUpした「逃げ転職」ノウハウを発信中。サブで副業で一攫千金を狙う。

-転職

© 2024 逃げ転職 Powered by AFFINGER5