転職

【口コミ多数】短期離職は人生終わり?【20代で短期離職を2回繰り返した実体験】

※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

短期離職をすると人生は終わるのか?もうまともな会社で働けないの??


そんな悩みに元短期離職者の俺が答えていく。

本記事の内容

※青色の文字をクリックすると、気になる項目までページ内移動ができるぞ。

本記事の信頼性

本記事を書いている俺は、実際に新卒半年で不動産会社を退職無職2ヶ月経験→月残業20時間以下のホワイト企業に転職。嫌なことから逃げるように2回転職をして年収を320万→450万へ年収UPに成功。



はじめに

Googleで「短期離職」と検索すると、下のスクショのように、マイナスな予測検索ワードが出てくる。


さらに、会社を1年以内でやめるときに必ず言われるのが

こんな早くやめたらお前の人生終わるぞ?

この会社で続かんかったらどこも通用しないよ。


まるでこの世の終わりのような言葉を吐き捨てられる。

「Google検索も上司の言う通り、短期離職をすると人生は終わるのか?」

今回は、これを元短期離職の俺の経験も交えつつ徹底解説していくので、


短期離職をしてしまった。。不安で仕方ない。


と思っている人は、絶対に最後まで読んでほしい。


★★金がない&転職にちょっとでも興味のある人★★

面接を受けるだけで最低3万円以上もらえる転職サービスがあるので、興味のある人は下をタップして詳細を見てくれ↓↓

【オススメ】 面接を受けるだけで3万円もらえた転職サービスはこちら

俺も実際に面接受けて3万円もらえた。最初は怪しいと思うやろうから、一度見てみてくれ。

面接を受けて3万円もらえる転職エージェントはこちら↓↓

ペイキャリアの特徴】

  • ガチで本気のオファーしかこない:採用側も俺達に金を払って面接を組むから、ガチのオファーしか来ない。
  • 面接受けて最低3万円もらえる:オファーもらった企業の面接を受けるだけで、最低3万円以上もらえる。

\とりあえず3万円をゲットする/

ペイキャリアに新規登録する

【現実】短期離職を繰り返すと人生はハードモードになる(終わりはしない)

悩むビジネスマン

今読み進めている人はおそらく

短期離職しても全然大丈夫だよ!全く問題なし!大企業にだって行けるよ!


と言ってほしいんだろ。そして短期離職をした今の状況に安心したいんだろ。

しかし、あなたも薄々感じているかとは思うが、人生はそうそう甘くない。

短期離職をして転職活動をしてみたら分かる。とんでもなく書類選考で落とされる現実を知ることになる。

面接すらもたどり着けないことも多々ある。

「短期離職してしまったこと」がいかにあなたの職歴をボロボロにさせ、あなたの信用を潰すかを実感することになるだろう。


俺の体験談

実際に俺は1社目をやめてからの転職活動で書類選考108社中、80社は落とされた。現実は厳しい。


短期離職をしても人生終わりじゃない4つの理由

先程は、「短期離職をすると転職活動は厳しくなる」と現実を突きつけてしまったが、あくまでも「厳しくなる」だけであって人生が終わるほどのインパクトはない。

これは俺の実体験だけでなく、世のデータからも言えることだ。

今から、「なぜ短期離職をしても人生が終わりじゃないのか?」の4つの理由を解説していく↓


短期力をしても人生終わりじゃない4つの理由

  1. 中途採用率が上がっているから
  2. 第二新卒という常識が浸透してきているから
  3. どの会社も基本的に人手不足だから
  4. 短期離職した人向けの転職サービスが充実してるから


1.中途採用比率が上がっているから

2021年4月1日から、従業員301人以上の企業は、中途採用比率の公表を義務化する制度ができた。

中途採用比率を数値で公表することにより、企業が意識するようになり、新卒一括採用を減らし、中途採用を積極的に採用することで労働力不足を解消させる動きを取っている。

実際に、下のグラフのように中途採用を積極的に増やしている企業が多くなってきている↓↓

参照 : リクルートワークス研究所(中途採用実態調査)より筆者が作成

今まで新卒でしか入れなかった大手企業や優良企業へ就職できるチャンスが広がってきている。


2.第二新卒という常識が浸透してきているから

今では聞き馴染みのある言葉となっている「第二新卒」。

それは感覚的な話ではなく、しっかりとデータで出ている。

リクルートキャリアの調査によると、約8割の企業が社会人経験1年未満者を採用してる実績がある。

さらにリクルートキャリアの転職決定者数の推移を見ると、2009年度~2013年度の転職決定者平均人数を1としたときに、2018年度の20代の転職は2.43倍へ増加している。


従業員を定年まで終身雇用できない企業が多いので、応募者が転職を視野に入れていることを承知の上で採用している。

実際に大手企業のGMOインターネット株式会社は、短期離職をした方を採用しているから見てほしい↓↓


「GMOインターネット株式会社」

3カ月未満や半年で職を変えた場合は特別な理由があると思います。面接でその辺りを本音でお話しいただき確認します。実際、職務に必要なスキルが身に付いており、退職理由や今後のキャリアプラン、ライフプランを語れることに加え、応募者の考え方と会社や部署の考え方がマッチしていたことが理由で採用に至った事例があります。

参照 : マイナビ転職(転職回数が多くても内定を勝ち取る方法)


3.どの会社も基本的に人手不足だから

日本は今、少子高齢化が世界で最も進んでおり、年齢ごとの人口構成は下記のようになっている↓↓

人口構成比
75歳以上 14.9%
65〜74歳 14%
15〜64歳 59.4%
15歳未満 11.8%

参照:総務省「人口推計」令和3年10月1日(令和2年国勢調査を基準とする推計値)


つまり3人に1人は65歳以上のジジババだということだ。

よって、物理的に働き盛りの人口が圧倒的に不足している。実際に帝国データバンクが2023年4月に、「人手不足に対する企業の動向調査」を実施し、正社員・非正社員の人手不足を発表している↓↓

  • 正社員の人手不足企業の割合は51.4%となった。業種別では「旅館・ホテル」が75.5%で最も高く、「情報サービス」(74.2%)、「メンテナンス・警備・検査」(67.6%)が続く。
  • 非正社員では30.7%が人手不足。業種別では「飲食店」が85.2%でトップとなり、「旅館・ホテル」(78.0%)が続く。小売業やサービス業など個人向け業種が上位に。

参照:帝国データバンク「人手不足に対する企業の動向調査(2023年4月)」

という感じで、そもそも働き手が足りていないから企業は「短期離職したってまともな人材ならほしい!」というのが本音なのだろう。


4.短期離職した人向けの転職サービスが充実してるから

人手不足が加速している中、下の表のように短期離職舌人を専門とした転職エージェントがかつてないほど充実している↓↓

転職エージェント 公式サイト
JAIC(ジェイック) https://www.jaic-college.jp/
マイナビジョブ20’s https://mynavi-job20s.jp/
就職Shop https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3T4L2J+8CNY1M+4RG8+60WN6
ハタラクティブ https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3YYOB8+DK7HLM+2JK4+1BUTLU
ウズキャリ https://daini2.co.jp/
第二新卒エージェントneo https://www.daini-agent.jp


この中で、俺が実際に使って役に立った転職エージェントと役に立たなかった転職エージェントを簡単に紹介する↓↓


おすすめ転職エージェント おすすめ理由
リクルートエージェント 業界最大手。転職するなら脳死で登録すべき。
ウズキャリ 短期離職者の20代に特化。サポートが1番手厚い。
就活SHOP 紹介求人を未経験者向けに限定。働く業界を変えたい人におすすめ。
ハタラクティブ 求人の8割が未経験者向け。

さらに下の記事で「何がダメで何が良いのか」を詳しく解説しているので、転職エージェント何使えばいいかわからない人は読むことを強く勧める↓↓

【20代向け】短期離職者にオススメの転職エージェント・サイト7選【2023年版】



短期離職しても人生終わらなかった【Twitter口コミ】

短期離職をしても人生は終わらない理由を理解してもらったうえで、実際に短期離職した人たちの意見をここで集計しようじゃないか。

今回はTwitter(X)で「短期離職 終わり」と検索した結果を集計したぞ。

【割合】短期離職して人生終わったor終わらなかった?

Twitter(X)で50個ほどの口コミを集計を取ったところ、「短期離職して人生終わった:終わらなかった=7:3」くらいの割合となった。

両方の意見をまとめると、下記のとおりだ。

短期離職して人生終わった側の意見

転職活動で全くうまくいかない。社会から必要とされていないと感じる。

短期離職して人生終わらなかった側の意見

転職活動で苦労はしたが、なんとかまともな会社に転職できた。本人の努力次第。


短期離職して人生終わった側の意見

↓タップすると見れるぞ↓

Twitter(X)の口コミを見る


短期離職して人生終わらなかった側の意見

↓タップすると見れるぞ↓

Twitter(X)の口コミを見る


短期離職で人生はきつくなるが、本人の努力次第でどうにでもなることがわかる。


短期離職しても人生終わらなかった実体験

先程まで、データの部分で「短期離職しても人生終わらない理由」を話してきたが、今からは実際に俺が体験した話を簡単にする。

俺の今までの経歴は下記のような感じだ↓↓

2020年4月:新卒で不動産会社に入社して新築マンションの営業をする。(年収350万円)

月80時間以上の残業&上司に毎日怒鳴られることによりストレスがたまり血尿が出る。→このとき地獄だったエピソードはこちら

2020年10月:転職先が決まってない状態で1社目を退職。

これから闇の無職期が始まる。転職活動で書類選考を落とされまくる。→このとき地獄だったエピソードはこちら

2020年12月:なんとかWeb広告代理店に入社。(年収320万円)

ホワイトだったが、周りの人のレベルが高すぎる&俺のスペックがゴミすぎて会社に居づらくなる。

2021年12月:またもや転職先が決まっていない状態で2社目を退職。正社員が向いてないと悟り、フリーランスに転向(年収300万円)→フリーランス地獄体験談はこちら

動画編集で低単価フリーランサーとして苦しみ続けて正社員への転生を決意。転職活動をガチった&Web広告代理店で身につけたスキルが評価されてホワイト企業から内定。

2023年1月:現在の人材会社のWebマーケターとして転職成功。(年収400万円)

月残業20時間以内・人間関係が最高の職場なのでノーストレスで働く。

2023年6月現在:査定により年収450万円へアップ

見て分かる通り、クソみたいな経歴を経て今に至っている。俺は2年も経たずに2社も辞めてるし、正社員から逃げてフリーランスになったが、結局活躍できずにまた正社員に戻ってきたゴミ人間だ。

そんな俺でも今は年収450万円もらいながらぬくぬくホワイト企業で楽しく働けてるので、あなたもきっと大丈夫だ。

ちゃんと正しい方法で転職活動をすれば、必ずホワイト企業から内定をもらえる。

今から「短期離職者でもホワイト企業に内定がもらえる方法」について解説するからしっかり見てくれ。


短期離職しても転職を成功させる方法

これまでは、データと俺の実体験の両方向から「短期離職しても人生は終わらない理由」について話してきた。

今からは「短期離職してもホワイト企業から内定をもらえる超具体的な方法」を伝授しようと思う。

この魔法の方法に関して超具体的に解説している記事が下にあるので、これを読んでくれ↓↓

【再現率99%】短期離職者が転職を成功させる完全ロードマップを大公開【元短期離職者が解説】


【まとめ】短期離職ごときで人生は終わらない

この記事では、「短期離職をして人生が終わるのか」について徹底解説してきた。下を見てサクッとおさらいしてくれ↓↓

Q 短期離職をしても人生が終わらない理由は?

A 4つある。短期離職なんかで人生が終わってたまるか。

あなたに伝えたい

確かに短期離職を繰り返すと、転職活動がうまく行かないことは多いだろう。

書類で落とされまくることだって往々にしてある。

そんなことは当たり前だ。

普通の人は最低でも3年ほど働いてから転職をする。そんな人と比べて俺たち短期離職者が優位に立てるわけがない。

しかし、あくまでも転職活動が「ハードモード」になるだけであって「人生が終わる」ほどのインパクトはない。

そしてちゃんと正しい方法で真っ当に転職活動をしていれば、ホワイト企業に入れるチャンスは少なからずある。

俺も実際にできた。仕事のことを考えるだけで辛く、休みの日も休まらない生活とはおさらばできた。

  • 仕事が苦痛なのから抜け出したい。
  • まともな会社で働いて将来を考えられる彼氏/彼女がほしい。
  • 人生を捨てたくない。現状を変えてストレスなくお金を稼ぎたい。


こんな思いを少しでも持っている人は、下の記事の「短期離職者がホワイト企業に入社するための完全ロードマップ」「短期離職者にオススメの転職エージェント・サイト」を読んで今すぐ実行に移してくれ↓↓

【再現率99%】短期離職者が転職を成功させる完全ロードマップを大公開【元短期離職者が解説】

※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。 短期離職を繰り返して人生詰みそう。ホワイト企業に入れる方法を教えてくれ! こんな悩みを解決していく。 本記事の内容 短期離職者が ...

続きを見る

【20代向け】短期離職者にオススメの転職エージェント・サイト7選【2023年版】

※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。 短期離職者でもホワイト企業に転職できるオススメの転職エージェント・サイトを教えて欲しい!役に立たない転職エージェントはいらない。 ...

続きを見る

人生はいつからでもやり直せる。諦めるのはまだ早いんじゃないか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ブラック信長

人材会社でWeb担当←Web広告代理店←不動産営業 26歳 / 社会人2年間で2回転職→職歴ボロボロでも年収320万円→450万円へUpした「逃げ転職」ノウハウを発信中。サブで副業で一攫千金を狙う。

-転職
-

© 2024 逃げ転職 Powered by AFFINGER5