転職

【直感で辞めて大丈夫?】仕事を直感でやめた人の口コミと体験談をまとめました

※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

直感的に会社がやばいと思って辞めてしまいたい。でも後悔しそうだから、直感でやめた人が後悔しているか知りたい。

こんな悩みを解決していく。

本記事の内容

※クリックすると、気になる項目までページ内移動ができるぞ。


本記事の信頼性

本記事を書いている俺は、実際に新卒半年で不動産会社を退職無職2ヶ月経験→月残業20時間以下のホワイト企業に転職。嫌なことから逃げるように2回転職をして年収を320万→450万へ年収UPに成功。


はじめに

あなたに転職経験があれば、直感的に「この会社やべぇな。早く辞めなければ。」と思った経験はあるはずだ。

しかし、

  • 会社を直感で辞めてしまっていいのか。もっと考えてから判断しないと後悔しそう。。
  • 今の会社に転職してからまだ1年も経っていないから、最低でも1年は続けないと。。

このようなことを考えて、直感的に会社を辞めることを躊躇する。

そこで今回は、「直感で仕事を辞めていいのか?」問題にメスを入れて、

  • 科学的に直感はあてになるのか?
  • みんなは直感で会社を辞めたことがあるのか?
  • 俺が実際に直感で会社を辞めたときの体験談

の3つについて解説していくので、直感で今いる会社がやべぇと思っている人は興味のあるところだけでもいいので、読んでほしい。


下記に当てはまる人はこの記事を読むよりも、下を見たほうが早い↓↓

すでに辛くて短期離職をしてしまった人へ

次にすることは、短期離職者向けの転職エージェントを使って転職を成功させることだ。

【実際に使ってわかった】短期離職者におすすめの転職エージェント

1位:ウズキャリ

→短期離職者の20代に特化。サポートが1番手厚い。

2位:就活Shop

→紹介求人を未経験者向けに限定。働く業界を変えたい人におすすめ。

3位:ハタラクティブ

→求人の8割が未経験者向け。

↑タップすると開けるぞ

今の会社を絶対に辞めたいと思っている人へ

真っ先にすることは、会社を辞めること。気まづいなら退職代行を使えばいい。

俺の元同僚が実際に使った退職代行↓↓

退職代行ガーディアンの特徴】

  • 100%安心:東京都労働委員会に認証されている法適合の合同労働組合なので、違法性なく安心・確実に即日退職ができる。
  • コスパ最強:価格も29,800円とかなり安いためコスパも良い。(退職代行の相場は3~5万円)

\業者に任せてあなたは寝ながら退職できる/

退職代行に任せてサクッと退職する

↑タップすると開けるぞ


★★金がない&転職にちょっとでも興味のある人★★

面接を受けるだけで最低3万円以上もらえる転職サービスがあるので、興味のある人は下をタップして詳細を見てくれ↓↓

【オススメ】 面接を受けるだけで3万円もらえた転職サービスはこちら

俺も実際に面接受けて3万円もらえた。最初は怪しいと思うやろうから、一度見てみてくれ。

面接を受けて3万円もらえる転職エージェントはこちら↓↓

ペイキャリアの特徴】

  • ガチで本気のオファーしかこない:採用側も俺達に金を払って面接を組むから、ガチのオファーしか来ない。
  • 面接受けて最低3万円もらえる:オファーもらった企業の面接を受けるだけで、最低3万円以上もらえる。

\とりあえず3万円をゲットする/

ペイキャリアに新規登録する


科学的にも仕事を直感でやめるのはあり

結論から言って、「直感で仕事を辞める」は、ありだ。

「直感」と聞くと、何も考えずにノリと勢いみたいな印象を受ける人も多いだろう。

しかし、直感を科学的に見てみると、実は非常に効率的な意思決定の方法だということがわかるぞ。



科学的に見た「直感」の正確さ

人の脳位は、物事を判断するためのシステムが2つある。

  • ゆっくり考えて判断を下す「Cシステム」
  • 直感的に判断を下す「Xシステム」

この2つのシステムを用いて、「直感が正しいのか」どうかを調べる下記のような実験が行われた。


実験の内容

  1. 4つの観点で自動車の特徴が示される条件と、12の観点で自動車の特徴が示される条件が、ランダムに参加者に振り分けられる。
  2. 「意識的な判断(Cシステム)」を求められた参加者は、自動車の特徴を提示されたあと、4分間考えてから良いと思った自動車を決める。
  3. 「無意識的な判断(Xシステム)」を求められた参加者は、自動車の特徴を提示されたあと、4分間は無関係な課題をこなしたあとに、良いと思った自動車を決める。

この実験の結果が、下記のグラフだ。

結果

  • 4つの観点で自動車の特徴が示される場合、「意識的な判断(Cシステム)」を求められた参加者のほうが妥当な判断を下している。
  • 一方で、12の観点で自動車の特徴が示される場合、驚くことに、「無意識的な判断(Xシステム)」のほうが妥当な判断を下している。


つまり、、、

「情報量が多いほどXシステム(直感力)が優位に働く」と考えられる→「情報量が多い仕事は直感的にやめたほうがいい」とも言える


改めて、「直感で仕事を辞める」はあり

上記の科学的根拠と、本記事で紹介する「直感で仕事を辞めた人の口コミ・体験談」、さらに僕の体験談も含めて考えると、

直感で仕事を辞めるのはありよりのあり

と自信を持って言える。


【先人の声】直感で仕事を辞めた人の口コミ・体験談

直感で仕事を辞めた人は、実はたくさんいます。ここでは、直感で仕事を辞めて「良かった」と感じた人、逆に「後悔した」という人の口コミ・体験談を紹介する。


「直感で仕事を辞めて良かった」という人の口コミ・体験談

https://twitter.com/b_wau8/status/1467083582246371328?s=46&t=7Iu77wiaIH14WqMH1HKqGw

「直感で仕事を辞めて後悔した」という人の口コミ・体験談

「直感で仕事を辞めて良かったor後悔した」という人の口コミの割合

俺がtwitter(X)で集計した肌感だが、直感で仕事を辞めたツイートの中で約9割が「直感で辞めて良かった」ツイートしている。

ただし、人間は自分のした行動を正当化しようとする性質があるので、この結果を鵜呑みにしてはいけない。

実際に直感で行動して後悔している人もいるので、あなたが直感で行動してうまくいくかどうかは分からない。


俺は直感で1社目を辞めた【体験談】

直感で仕事をやめて良かった・後悔したと両方の意見を見てきたが、筆者である俺も直感で仕事を辞めた経験があるので、以下の3つの観点より実体験を話していく。

  • 直感で仕事を辞めて年収があがったか
  • 直感で仕事を辞めて労働環境はよくなったか
  • 総合的に見て、直感で仕事を辞めてよかったor後悔したか


直感で仕事を辞めて年収があがったか

直感で仕事をやめて、一旦年収は下がった。俺の年収遍歴はこちら↓

1社目:不動産営業で年収350万円

2社目:Web広告代理店で年収320万円

3社目:事業会社のWebマーケ担当で年収450万円

俺は1社目を直感で辞めたので、2社目で年収を下げる形となった。

ただし、これは直感でやめたからというわけではなく、未経験での転職だったため年収が下がったというのが正しい。

でも、直感で辞めるとどうしても準備不足となるため、年収は上がりづらい。



直感で仕事を辞めて労働環境はよくなったか

結論、俺は心より良かったと思っている。

1社目はブラックだったし、不動産営業というゴリゴリの営業マンが競い合うアグレッシブな仕事は、俺には明らかに向いていなかった。

たった半年ではあったが

この仕事、俺には向いてねぇな。。

と日々ストレスの嵐の中、耐えながら働いていたので、毎日が一番辛かった。

今では転職をして、労働環境は下記のように改善された。

労働環境 転職前 転職後
残業時間 月80時間 月20時間
年間休日 110日 125日
上司のタイプ 大声で怒鳴り散らす 基本優しい、怒るときは普通の声量




総合的に見て、直感で仕事を辞めてよかったor後悔したか

結論、総合的に見ても直感で仕事を辞めて良かった。

先ほど話した通り、年収面と労働環境は下記のような結果となった↓↓

直感で会社を辞めて転職した結果

  • 年収面→30万円下がった
  • 労働環境→大幅に改善された

というような結果だった。

年収を重視する人だったら、不満を感じるだろうが、俺は年収は後から経験を積んであげていけばいいと思っていたので、全く不満はなかった。(実際に今は経験を積んで年収320万円→450万年となった)

自分に合っている仕事を見つけられると、人生の幸福度は驚くほど上がるぞ。



まとめ:直感は意外とあてになるぞ

↓タップするとQ&Aが見れるぞ。

【まとめ】Q&A

直感で会社をやめて後悔しないか?

直感でやめて後悔しない人の方が多い。人間の直感はじっくり考えて決めた結論よりあてになると科学的に証明されているので、直感はある程度信用していい。

直感で仕事を辞めるデメリットはなんですか?

直感で仕事を辞めると、次の転職の準備ができていない状態で退職することになるので、準備不足になることが最大のデメリットだ。普通は次の仕事が決まってからやめるので、その間の生活費を賄えなくなる。


あなたに伝えたい

今回の記事では、「直感で仕事を辞めても後悔しないか?」について、下記の3つの観点から話してきた。

直感で仕事を辞めて、、、

  • 科学的な観点:良いと言える。
  • みんなの体験からの観点:
  • 俺の体験からの観点:すごくよかった。

つまり、直感的に仕事をやめても、問題ない。それどころか人生が好転する可能性が高いということだ。

だからこそ、あなたが今本当に

仕事を続けるのはもう限界。でももっと考えてから慎重に辞めないと後悔するんじゃないかと思って、なかなか辞めるとは言えない。


という悩みを持っている人は、「直感的に辞めるという選択肢もあって、全く問題ないし、意外とみんな直感的に辞めてる」という事実を知ってほしい。


すぐに辞めてやる!という人で、下記のいずれかのパターンに当てはまっている人は、続きも読んだらあなたの人生変わるかも。

すでに辛くて短期離職をしてしまった人へ

次にすることは、短期離職者向けの転職エージェントを使って転職を成功させることだ。

【実際に使ってわかった】短期離職者におすすめの転職エージェント

1位:ウズキャリ

→短期離職者の20代に特化。サポートが1番手厚い。

2位:就活Shop

→紹介求人を未経験者向けに限定。働く業界を変えたい人におすすめ。

3位:ハタラクティブ

→求人の8割が未経験者向け。

↑タップすると開けるぞ

今の会社を絶対に辞めたいと思っている人へ

真っ先にすることは、会社を辞めること。気まづいなら退職代行を使えばいい。

俺の元同僚が実際に使った退職代行↓↓

退職代行ガーディアンの特徴】

  • 100%安心:東京都労働委員会に認証されている法適合の合同労働組合なので、違法性なく安心・確実に即日退職ができる。
  • コスパ最強:価格も29,800円とかなり安いためコスパも良い。(退職代行の相場は3~5万円)

\業者に任せてあなたは寝ながら退職できる/

退職代行に任せてサクッと退職する

↑タップすると開けるぞ↑


会社をやめるのは大きな決断だが、直感に頼ってみるのもありだぞ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ブラック信長

人材会社でWeb担当←Web広告代理店←不動産営業 26歳 / 社会人2年間で2回転職→職歴ボロボロでも年収320万円→450万円へUpした「逃げ転職」ノウハウを発信中。サブで副業で一攫千金を狙う。

-転職

© 2024 逃げ転職 Powered by AFFINGER5