転職

【もう疲れた】転職1ヶ月後に訪れるストレスの壁を乗り越える3つの方法

※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

転職して1ヶ月経ったけど、ストレスがやばくてしんどい。もう疲れた。どうやって乗り切ればいい?


こんな悩みにお答えしていく。

本記事の内容

※青色の文字をクリックすると、気になる項目までページ内移動ができるぞ。

本記事の信頼性

本記事を書いている俺は、実際に新卒半年で不動産会社を退職無職2ヶ月経験→月残業20時間以下のホワイト企業に転職。嫌なことから逃げるように2回転職をして年収を320万→450万へ年収UPに成功。


はじめに

転職して最初の1ヶ月は鬼門と言われる。

  • 慣れない環境
  • 慣れない人間関係
  • 慣れない仕事


全てが慣れない中で、中途入社で経験者となると

〇〇さんはどんだけ仕事ができるんだ?経験者だから楽しみだ。

どんな人間性なんだろう?どんな態度で接してくるんだろう?

というふうにたった1ヶ月であなたを評価してくる。

そんなストレスが溜まりまくる鬼門の1ヶ月を乗り切る方法を26歳にしてすでに転職を2回経験している俺が伝授していく。


★★金がない&転職にちょっとでも興味のある人★★

面接を受けるだけで最低3万円以上もらえる転職サービスがあるので、興味のある人は下をタップして詳細を見てくれ↓↓

【オススメ】 面接を受けるだけで3万円もらえた転職サービスはこちら

俺も実際に面接受けて3万円もらえた。最初は怪しいと思うやろうから、一度見てみてくれ。

面接を受けて3万円もらえる転職エージェントはこちら↓↓

ペイキャリアの特徴】

  • ガチで本気のオファーしかこない:採用側も俺達に金を払って面接を組むから、ガチのオファーしか来ない。
  • 面接受けて最低3万円もらえる:オファーもらった企業の面接を受けるだけで、最低3万円以上もらえる。

\とりあえず3万円をゲットする/

ペイキャリアに新規登録する

転職後1ヶ月目にストレスを感じる4つの理由

悩むビジネスマン

転職後、1ヶ月目のストレスの原因には、さまざまなものが考えられる。

ここでは、転職後1ヶ月でストレスが異常にたまる主な理由や原因をガッツリ見ていこう。

理由や原因を知ることはそれに対処するための第一歩である。

1.慣れない業務へのストレス

前職での経験があって、仕事内容が同じだとしても会社が変われば細かい業務も変わってくるもの。 

  • 社内の事務書類の形式や提出先が前職とは異なったり
  • 社内ミーティングのタイミングや連絡方法などの基本的な勝手が違ったり
  • ホウレンソウをするときの仕方に暗黙の了解があったり
  • PCのバージョンやOS、使用するソフトが違ったり

同じ業務をしようとしても、様々な弊害があるのは事実なんだ。

即戦力として採用されていれば、結果を出そうという責任感があるからこそ、基本的な部分での小さなつまずきによって焦りが募ってしまう。

2.結果を出さなければというプレッシャーへのストレス

仕事に対して責任感のある人ほど、

すぐに結果を出して実力を認めてもらえないといけない。。

と思い自分を追い込んでしまいストレスがたまる。

中途採用での入社は、基本的に「即戦力」なので、それだけの期待をされていると考えて良い。

そのイメージがあるからこそ、すぐにでも何らかの結果を出したい、認められたいという気持ちが大きくなり、自分自身にプレッシャーをかけてしまうのだ。

真面目で責任感が強ければ、この使命感によって大きなストレスを抱えることになる。

3.人間関係が構築できていないことへのストレス

新しい職場では最初から人間関係がうまく構築できない。

  • 誰と誰が仲が良くて、仲が悪くて
  • あの人にアプローチしたいならどういう経路を辿って、まず誰と誰に話せばよいのか
  • この案件に関してはAさんに相談して、勤怠のことならBさんに相談して

みたいに使い分けないと地雷を踏んでしまい、人間関係がこじれてしまう絶妙なラインが分からないので、自分一人で抱え込んでしまいがちになる。

前の会社では簡単にできていたことが、新しい会社ではスムーズにいかないもの。

特に、雑談や飲み会などの文化がなかったり、業務以外のコミュニケーションが苦手な人は、職場の人間関係に慣れるのにさらに時間がかかるため、孤独感を覚えやすいかもしれない。

4.頑張りすぎることへのストレス

転職後、大抵の人は同僚や上司に認められたいと思っていつもよりも頑張りすぎることが多い。

転職1ヶ月後に、その疲れが一度ピークに達して、いろいろと限界を迎える。

特に数字を求められる営業職はプレッシャーから無意識に頑張ってしまう。

転職後1ヶ月のストレスを乗り切る最強の対処法3つ

転職後1ヶ月に降りかかるストレスは思っている以上に重い。

そのストレスを乗り切るための対処法を3つ紹介するので、悩んでいる人は読んでほしい。

仕事のストレスは仕事で解消する

「仕事 ストレス 解消法」と検索すると沢山の解消法が出てきて

プレイベートで息抜きをしよう!


というアドバイスがよく出てくる。しかし俺の経験上「仕事のストレスは仕事でしか解消できない」と考えている。

なぜなら、いくらプライベートを充実させようと、仕事が嫌であれば、休日も仕事のことが頭から離れずにそもそも休日で完璧に息抜きできない。

そして日曜の晩には死ぬほど憂鬱になるわけだ。

週7日のうち5日は仕事である以上、2日の休みを充実させても人生全体で見ると、仕事を充実させないと人生の充実はない。

そこで、今から仕事のストレスを解消する方法を解説するので、目をがん開いて読んでほしい。

1.同僚と仲良くなる

同僚と仲良くなると、いろんなメリットがある。

今からその人間関係を構築したときのメリットと人間関係の構築の仕方を解説していくので、あなたの見たいところだけを見てくれ↓↓

【メリット1】シンプルに仕事が楽しくなる

同僚や上司と仲良くなると、雑談しながら仕事もできるしランチを同僚といって息抜きもできる。

仕事のプレッシャーも減って、楽しく仕事ができるので、結果的にパフォーマンスも上がる。いいこと尽くしだ。

【メリット2】ちょっとした分からないことで聞けるからミスが減る

仲良くなると、喋るというハードルがぐっと下がるので、質問もしやすくなる。

そうなると、改めて聞くほどではないけど念のため確認しときたいな的な質問もできるので、しょうもないミスも激減する。

ミスも減ると、あなたの評価も上がるので、仕事でも認められてさらに仕事をしやすくなる。

【メリット3】ミスしたときにそこまで責められなくなる

仲良くなると、少々のミスをしても

次は気をつけろよ〜ww

程度で済むことが多い。しかし、関係値がなくて仲良くないと、ミスをしても単なる注意で終わってフォローしてもらえる確率は減る。

以下、簡単に解説する↓↓

【方法1】笑顔で元気に挨拶する

仲良くなるために最初にするべきことは、笑顔で元気に挨拶することが最も大切だ。

爽やかに挨拶されて嫌な思いをする人はいないし、挨拶なんて誰でもできるので絶対にしてくれ。

【方法2】年下でも低姿勢で接する

中途入社すると、年下だけど社歴的には先輩の人がほとんどの確率でいるが、決して舐めた態度で接してはいけない。

あくまでも先輩として、年上の上司と同じ態度で接することが必須だ。

相手から「タメ口でいいですから」と言われるまでは敬語で接してくれ。

【方法3】分からないことはわからないと素直に言う

簡単なことでも分からないことはわからないと言うのが大切だ。

入社して1ヶ月間は、どんな分からないことでも聞ける唯一の期間で、ここを逃すと聞ける雰囲気ではなくなるので絶対に逃さなないようにしよう。

【方法4】質問をするときは「今お時間よろしいでしょうか?」と最初に聞いてから

質問をしなきゃいけない場合は、必ず「今お時間よろしいでしょうか?」を枕詞にしてから質問をすることを強くおすすめする。

質問は相手の時間を奪う行為でもあるので、最大限に敬意を払って質問をしよう。

2.ミスったときは素直に謝って好印象を抱かせる

仮にミスをしてしまったときは、すぐに全力で謝ることを徹底すること。

入社してすぐはミスをすることは悪くなくて、ミスをごまかそうとすることが悪である。

ここでしっかり謝っておけば、逆に好印象を抱かせることができる。

3.プライベートは好きに遊ぶ

仕事のストレスは仕事でしか解消されないが、シンプルにストレスを感じているときは自由に遊んでくれ。

100のストレスをプライベートで80くらいには減らせるはずだ。

何度もいうが、仕事のストレスはプライベートでは根本的解決はできず、仕事でしか解決できないため、あくまでも一時しのぎであることは理解しておいてくれ。

我慢出来ないときは退職も検討する

以上の努力をした上で、改善ができないorもう手遅れっぽい感じな場合は、スパッと辞めることも検討してもいい。

1ヶ月でやめて大丈夫なのか?

と疑問に思う人もいるだろう。そんなあなたは下の記事で転職して1ヶ月後に会社をやめた人の体験談をまとめているので気になる人は見てくれ。

意外にも1ヶ月でやめている人が多いことがわかるだろう↓↓

【インタビュー】転職先が合わないから1ヶ月で辞めるのはあり?経験者3人に聞いた。

【インタビュー】転職先が合わないから1ヶ月で辞めるのはあり?経験者3人に聞いた。

※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。 転職先が全く合わず、まだ入社して1ヶ月経ってないけど辞めたい。転職をして1ヶ月で辞めた人の話を聞きたい。 こんな悩みを解決してい ...

続きを見る

俺の体験談

ちなみに俺はやめることは賛成派。俺は1社目は半年で、2社目は1年でやめたけど、まったく後悔はない。むしろ我慢して働くことが精神的にきつくて耐えられなかった。

まとめ:周りは1ヶ月であなたを判断する

今回の記事の内容をまとめると以下のような感じだ↓↓

【まとめ】Q&A
転職後1ヶ月目にストレスを感じる理由は?

転職後は慣れない環境のため、次の4つの理由でストレスを抱えることになる。

1.慣れない業務へのストレス

2.実績を出さなければというプレッシャーへのストレス

3.人間関係が構築できていないことへのストレス

4.頑張りすぎることへのストレス

転職後1ヶ月のストレスを乗り切る対処法は?

基本的に仕事のストレスは仕事でしか解消できないことを前提にして、次の3つの対処法が最強である。

同僚と仲良くなる

ミスったときは素直に謝って好印象を抱かせる

プライベートは好きに遊ぶ

あなたに伝えたい

転職してから1ヶ月は心身ともに疲弊して、やめたくなる第一の壁だ。

俺も2回転職を経験したが、2回とも辞めたくなった。

人間関係もリセットされて、会社で居場所がないので普通に仕事をするだけでストレスがかかる。

もしあなたが今、転職して1ヶ月ごろで仕事を辞めたくなっているなら、あなたは2つの選択肢がある。

  • まだ頑張れる人→もうひと踏ん張りして粘る
  • もう限界の人→スパッと辞める

まだ頑張れる人へ


まだ頑張れる人は、もうちょっと頑張って食らいついてみよう。中途採用で即戦力として期待されて無能ぶりを発揮してしまっていて気まずくても、がむしゃらに頑張っている姿を見せていれば、誰かが手を差し伸べてくれるものだ。

90%の人には無能扱いされても、10%の人はあなたの頑張りを見ている。

ここで諦めたらまた転職活動をしなきゃいけない、面倒だろう?嫌だろう?だからあと1ヶ月頑張ってみよう。

もう限界の人へ

もう限界の人は、今までよく頑張ったな。

もう無理なんやったら、サクッと退職してしまおう。

辞めるのが気まずいのであれば、退職代行を使おう。

あなたは何もしなくても、退職代行が全て手続きをしてくれる。まだ1ヶ月しか経っていないので、業務の引き継ぎもないので退職代行はオススメだ。

俺の元同期が実際に使った退職代行↓↓

退職代行ガーディアンの特徴】

  • 100%安心:東京都労働委員会に認証されている法適合の合同労働組合なので、違法性なく安心・確実に即日退職ができる。
  • コスパ最強:価格も29,800円とかなり安いためコスパも良い。(退職代行の相場は3~5万円)

\業者に任せてあなたは寝ながら退職できる/

退職代行に任せてサクッと退職する

転職先が決まってから辞めたほうが良くない?

と思ったそこのあなた。大正解だ。本来なら転職先が決まってから会社を辞める方がいいのは言うまでもない。

しかし、限界の人はそんなことを考える余裕はない。

でも、まだ転職先が決まっていなくても、問題はない。俺も2回転職したが、2回とも会社を辞めたあとに転職活動を始めた。

さらに、俺が2社目で働いていたときに中途入社して1ヶ月で辞めていった同僚も、同じく会社を辞めてから転職活動をしている。

その同僚の1ヶ月で辞めたときのインタビュー記事は下にあるので、よければ見てほしい↓↓

【インタビュー】転職先が合わないから1ヶ月で辞めるのはあり?経験者3人に聞いた。

【インタビュー】転職先が合わないから1ヶ月で辞めるのはあり?経験者3人に聞いた。

※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。 転職先が全く合わず、まだ入社して1ヶ月経ってないけど辞めたい。転職をして1ヶ月で辞めた人の話を聞きたい。 こんな悩みを解決してい ...

続きを見る



もちろん、次の転職はかなり厳しくなる。1ヶ月で退職しているのだから、そりゃそうだ。

でも、精神的に壊れるよりはマシだ。

そして実際に短期離職を2回繰り返した俺でもホワイト企業に転職できたロードマップを下の記事で無料で公開しているので、興味があれば読んでほしい↓↓

【再現率99%】短期離職者が転職を成功させる完全ロードマップを大公開【元短期離職者が解説】

【再現率99%】短期離職者が転職を成功させる完全ロードマップを大公開【元短期離職者が解説】

※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。 短期離職を繰り返して人生詰みそう。ホワイト企業に入れる方法を教えてくれ! こんな悩みを解決していく。 本記事の内容 短期離職者が ...

続きを見る



辞めるにしても辞めないにしても、あなたの選択を応援するぞ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ブラック信長

人材会社でWeb担当←Web広告代理店←不動産営業 26歳 / 社会人2年間で2回転職→職歴ボロボロでも年収320万円→450万円へUpした「逃げ転職」ノウハウを発信中。サブで副業で一攫千金を狙う。

-転職

© 2024 逃げ転職 Powered by AFFINGER5