転職

【永遠の謎】退職をいつ伝えるべきなの?早すぎる報告をするメリット・デメリットを解説!

※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

退職ってどのタイミングで伝えるべきなの?早すぎるとどうなるのかも知りたい。

こんな悩みを解決していく。

本記事の内容

※クリックすると、気になる項目までページ内移動ができるぞ。


本記事の信頼性

本記事を書いている俺は、実際に新卒半年で不動産会社を退職無職2ヶ月経験→月残業20時間以下のホワイト企業に転職。嫌なことから逃げるように2回転職をして年収を320万→450万へ年収UPに成功。


はじめに

会社を辞めたいと思ったとき、真っ先に悩むのが「いつ退職を切り出すか」だろう。

「会社 退職 時期」

とググってみると、DODAやリクナビ、マイナビのサイトがでてくる。


そして、それぞれの中身を見ていくと、退職するのを伝える時期は下記のように「1ヶ月~3ヶ月」ほどだと解説されている。

退職の意思を伝えるのは、遅くとも退職の1カ月前までに

転職先が決まり、今の会社に退職意思を伝えるタイミングは、遅くとも退職1カ月前を目安にしましょう。引き継ぎや取引先へのあいさつなどを考えると、退職希望日まで余裕を持って行動したほうがよいからです。企業によって、退職日の何日前までに退職の意思を伝える必要があるかは異なります(1カ月前~3カ月前が一般的)。就業規則に記載があるので、事前に確認しておきましょう。

参照元:円満退職に向けた退職の伝え方・切り出し方 | 例文でポイントを解説

退職の1〜3カ月前に直属の上司にアポを取る

退職の意思表示のタイミングは、会社の就業規則により異なるので、自社規則を確認したうえで「退職日の1〜3カ月前」に伝えるのが一般的です。

まずは口頭で「今後のことでお話しがあります。お時間をいただけないでしょうか」と、直属の上司にアポを取りましょう。

参照元:退職を伝えるタイミングはいつ? 上司へのスマートな伝え方ハウツー|マイナビ転職



しかし、そんなに待っていられない!という人もいるだろう。

そこで今回は、退職を伝えるのが早すぎたときのメリット・デメリットについて解説していくので、退職を検討している人は是非参考にしてくれ。


★★金がない&転職にちょっとでも興味のある人★★

面接を受けるだけで最低3万円以上もらえる転職サービスがあるので、興味のある人は下をタップして詳細を見てくれ↓↓

【オススメ】 面接を受けるだけで3万円もらえた転職サービスはこちら

俺も実際に面接受けて3万円もらえた。最初は怪しいと思うやろうから、一度見てみてくれ。

面接を受けて3万円もらえる転職エージェントはこちら↓↓

ペイキャリアの特徴】

  • ガチで本気のオファーしかこない:採用側も俺達に金を払って面接を組むから、ガチのオファーしか来ない。
  • 面接受けて最低3万円もらえる:オファーもらった企業の面接を受けるだけで、最低3万円以上もらえる。

\とりあえず3万円をゲットする/

ペイキャリアに新規登録する

退職を伝えるのが早すぎる4つのデメリット

退職を伝えるのが早すぎると、以下の4つのデメリットがある。



1.会社からの扱いが雑になる

退職を早く伝えた場合、会社側の対応が雑になりがちだ。

なぜ扱いが雑になるのかというと、会社にとって退職者は投資の価値がないからだ。

仮にあなたが今仕事を超絶頑張っていたとしても、辞めることが決定していたら、会社にとってはプラマイゼロで何も変わらない。

辞める予定の人を教育するくらいなら、今後も会社に残ってくれる従業員の指導に力を入れるのは当然だよな。

俺の体験談

俺も実際に2回会社を退職した際に、2ヶ月ほど前に退職を切り出したところ、その後はほぼ放置プレイ状態だった。この期間は非常に気まずく、2度経験しても全く慣れない。


2.気まずい空気で働き続ける必要がある

退職を伝えるタイミングが早すぎる場合、上司とバチバチになる可能性がある。

無視されたり、いじめにあったりする可能性もあるので、なかなかのメンタルが必要になる。

いじめなんて酷いことがないにしても、気まずい空気感で業務自体は減っていき、やることがなくなっていくので、この中働くのは割と地獄だ。

そんな気まずくなるとか面倒くさい。サクッと辞めておさらばしたい。

そんな面倒くさがり屋な人に残された道は、バックれるか退職代行の2択しかない。

しかし、バックれると次のようなリスクがついてくるので、全くおすすめできない。

【高確率】身元保証人や家族に連絡される

【高確率】退職金が支払われない

【高確率】懲戒解雇される

【低確率】損害賠償請求される

詳細は下の記事で解説しているので、良ければ見てくれ。

「辞められるとは思うなよ」と退職でボロクソに言われた理由と対処法【ブラック企業】

その一方で、退職代行は5万円ほど払えば、あなたは寝てても専門業者があなたの代わりに退職手続きを全てやってくれる。

 

俺の元同僚が実際に使った退職代行↓↓

退職代行ガーディアンの特徴】

  • 100%安心:東京都労働委員会に認証されている法適合の合同労働組合なので、違法性なく安心・確実に即日退職ができる。
  • コスパ最強:価格も29,800円とかなり安いためコスパも良い。(退職代行の相場は3~5万円)

退職代行に任せてサクッと退職する


俺の体験談

辞めるまでの期間は、特にいじめなどはなかったが、腫れ物を扱うような異様な空気感があって、それはそれでキツかった。


3.モチベーションが低下しやすくなる

退職を伝えるのが早すぎると、以下のようなことが起きてモチベーションが下がる。

  • 周りから放置プレイを受ける
  • やめるので仕事がなくなっていく
  • やめるので頑張る必要がなくなる

この状況でやる気が出る人は、逆にすごい。


4.引き止めにあう可能性が上がる

退職を伝えるタイミングが早すぎると、上司や同僚から引き止められる可能性が高まる。

もう少し給料上げてやるから残ってよ。

なんてことを言ってきて交渉してくるかもしれない。

ただし、このような甘い言葉に惑わされてはだめだ。ホワイト企業なら本当に給料を上げてくれるかもしれないが、ブラック企業なら話は別だ。

あなたを引き止めるだけのその場しのぎの言葉であって、決して望むような給料アップは期待できないだろう。


退職を伝えるのが早すぎる3つのメリット

退職を伝えるのが早すぎると4つのリスクがありますが、以下のメリットも3つある。

伝えるのが早すぎると3つのメリットがありますが、退職2か月前~3か月前で問題ない。

退職2か月前~3か月前でも上記のメリットは十分に得られる。


1.じっくりと引継ぎやあいさつ回りを進められる

退職が決まったら本業の業務は一段落するが、下記のような業務が発生する。

  • クライアントや社内の人へのあいさつ回り
  • 引き継ぎ資料の作成・引き継ぎ

退職を伝えるのが早いと、余裕を持って引継ぎやあいさつ回りを進めることができる。

退職前は取引先やお世話になった同僚や先輩にあいさつ回りをするのが礼儀であり、やるべきことだ。

仮に退職数週間前だと、急ぎで引継ぎやあいさつ回りを進めなければいけなくなる。


2.計画的に有給を消化できる

退職を伝えるのが早すぎると計画的にに有給を消化できることもメリットだ。

急にやめる場合でも法律上、問題なく有給消化はできるが、あくまでも法律上だ。

  • 急に有給申請をされると管理部の業務が増えて嫌がられる
  • そもそも急にやめるやつが有給申請をしてもいい顔はされないので、雰囲気的に有給を取りにくい

といった感じで、「自分のことしか考えていないのか」と怒られるリスクもある。

会社と揉めずに有給を消化したいなら、ある程度余裕をもって退職を伝えた方が良いぞ。


3.円満退職につなげることもできる

退職を伝えるのが早いと会社としては、退職の予定を決めやすい。

会社もあなたがやめることによって、新しい人を採用する必要がある。

1人採用するだけでも最低1ヶ月はかかるため、前もって退職を言っておくと会社にとってはありがたいわけだ。

退職で迷惑がかからなければ、会社側も快く見送ってくれるだろう。

退職を伝えるのは、基本的には退職2か月前~3か月前で問題ない。


退職を伝えるのは辞める2か月前~3か月前で十分な理由

就業規則に特別な記載がない限り、2か月前~3か月前に伝えれば十分

では2か月前~3か月前で問題ない理由を見ていこう。


1.2か月もあれば余裕をもって引き継げるから

退職の際は引き継ぎが必要ですが、2か月もあれば十分。

繁忙期でも予定を立てて少しずつ引き継げば、2か月後には余すことなく教えられるだろう。

仮に引継ぎが完全に終わらなかったとしても、マニュアルを残しておけば問題ない。


2.新しい人を雇うのに十分な時間があるから

新しい人を雇うのには時間がかかりますが、さすがに2か月もあれば十分

さすがに1か月間である程度の人を採用するのは難しいが、その倍の時間を与えていれば、ほぼほぼ問題ないだろう。


3.辞める会社にあまり時間を割くのはもったいないから

会社としては長く残って、引継ぎしてほしいところだろうが、あなたからすると、さっさと辞めて次の会社でのスタートを切りたいはずだ。

今後の人生を考えると、いち早く辞めるのが理想。

このように会社と退職者では考え方が異なるため、両者の折り合いをつけると2か月前~3か月前が妥当だと考えられる。


【合法】退職代行ならその日に伝えて辞めることもできる

退職を伝えるのは2か月前~3か月前が理想だが、その2~3ヶ月間は人によっては割と地獄の環境が待っている。

  • 周りからの扱いが雑になったり
  • 腫れ物を扱うような対応をされたり
  • 業務がなくなっていって暇を持て余したり

気まずい環境の中、暇を持て余すのは割と地獄だ。

実際に俺は2度もその地獄を経験したが、単に怒られるとかよりも精神的にくるものがあった。

そんな地獄を体験せず&安全に退職できる方法が退職代行だ。

退職代行って安全なの?法律に違反しないの?

と思う人もいると思うので、退職代行について思う疑問を下記の記事がまとめてくれているので、参考にしてくれ。

記事を読むのが面倒な人は下のQ&Aを参照してくれ。

【退職代行】Q&A(退職ガーディアンより引用)

本当に退職できますか?

はい。辞められます。今まで数々のご相談に対応させていただきましたが、退職できなかったことは一件もありませんのでご安心ください。

会社から訴えられませんか?

辞めることに対して訴えても会社側は費用だけ掛かって何のメリットもないので、退職のみを理由として訴えられることは無いです。ガーディアン自体も違法業者ではなく東京都労働委員会に認証されている法適合の合同労働組合が運営しているので実際に訴えられたケースは一度もありません。誰にでも仕事を選び、転職する権利があります。

会社から私に連絡来ませんか?

ご本人には連絡しないように伝えますので、ほとんどの会社はそのように対応していただけます。 ただし、強制力がないので会社が勝手に連絡されてしまう時もありますが、無視していただいて大丈夫です。ガーディアンが対応いたします。

親に連絡がいきませんか?

ご安心ください。皆様同じようにご心配されるところです。ご本人への連絡と同様、実家や緊急連絡先には連絡しないように伝えますので、ほとんどの会社はそのように対応していただけます。 ただし、こちらも同様で絶対に実家や緊急連絡先に連絡がいかないというお約束は出来ません。

人手不足の職場でも辞めることができますか?

はい。辞められます。人手不足は会社の責任ですので、気にしなくて大丈夫です。「人手不足で休む暇もないから辞めたい」という方の相談も多いです。安心してご依頼くださいませ。

依頼したいのですが、どうしたらいいですか?

LINE・電話・にてご依頼ください。今後の流れや振込先情報を送ります。 入金確認後、実行に必要な質問フォームを送信しますので必要事項を入力して返信願います。 頂きました情報をもとに退職サポートを進めていきます。

保険証など会社への返却物はどうすればいいですか?

ご本人から会社宛に郵送していただきます。最後の出勤日に会社に置いてくるとその手間も省けます。


離職票などの書類はもらえますか?

はい。必要な書類を共有いただければ退職代行時に会社からご本人様宛に郵送していただくよう伝えます。会社に出向いて受け取る必要はございませんのでご安心ください。

俺の元同僚が実際に使った退職代行↓↓

退職代行ガーディアンの特徴】

  • 100%安心:東京都労働委員会に認証されている法適合の合同労働組合なので、違法性なく安心・確実に即日退職ができる。
  • コスパ最強:価格も29,800円とかなり安いためコスパも良い。(退職代行の相場は3~5万円)

退職代行に任せてサクッと退職する


【まとめ】働く環境が悪ければ、退職代行もあり

↓タップするとQ&Aが見れるぞ。

【まとめ】Q&A

退職はいつまでに伝えるべきですか?

円満退職をしたいなら、退職から2~3ヶ月前には伝えるべき。これくらいの猶予があると、引き継ぎも新しい人の採用も余裕を持って行うことができて、会社としても助かるので、十分な責務は全うできるだろう。

退職を早く伝えすぎるとどうなりますか?

退職を早く伝えすぎると、下記のようなメリット・デメリットがある。こちらを見て、退職をいつ伝えるかを判断して欲しい。

▼メリット

1.じっくりと引継ぎやあいさつ回りを進められる

2.計画的に有給を消化できる

3.円満退職につなげることもできる

▼デメリット

1.会社からの扱いが雑になる

2.気まずい空気で働き続ける必要がある

3.モチベーションが低下しやすくなる

4.引き止めにあう可能性が上がる

あなたに伝えたい

退職をいつ伝えるべきかは、会社の中のあなたのポジションや人間関係等によって変わってくる。

下のバーをクリックして、あなたの場合は「退職をいつ伝えるべきか」を知ろう。

あなたの場合を診断する

「ポジション:平社員 人間関係:悪い」の場合

→退職の1ヶ月半前に言うべき。

理由:平社員の場合は、そこまで大きな仕事を任されていないから、引き継ぎも1ヶ月あれば十分対応できる。さらに人間関係が悪ければ、退職を伝えてからやめるまでの期間はできるだけ短くしたいところ。

「ポジション:平社員 人間関係:良い」の場合

→退職の2~3ヶ月半前に言うべき。

理由:平社員の場合は、そこまで大きな仕事を任されていないから、引き継ぎも1ヶ月あれば十分対応できる。ただし人間関係がよければ、退職を伝えてからやめるまでの期間が少々長くても、そこまで苦痛ではないだろう。

「ポジション:管理職 人間関係:悪い」の場合

→退職の2ヶ月前に言うべき。

理由:管理職の場合は、仕事で負っている責任が重いため、引き継ぎは最低でも2ヶ月かかるだろう。本当はもっと前に伝えるのが良いが、人間関係が悪ければ、やめるまでの期間がストレスになるので、できるだけ短くしたいところだ。

「ポジション:管理職 人間関係:良い」の場合

→退職の3ヶ月以上前ならいつでも大丈夫

理由:管理職の場合は、仕事で負っている責任が重いため、引き継ぎは最低でも2ヶ月かかるだろう。しかし、人間関係がよければ、お世話になった人に時間をかけてあいさつ回りをしたいだろうから、前もって言えばなお良いだろう。

会社を退職するのは、ストレスと手間がかかることなので極力いざこざなく終わらせたいところだ。

具体的な退職の手順は、俺の体験を元に下の記事で詳しく解説しているので、どういう流れで退職すればいいのか分からな人は、ぜひ読んで欲しい。

【実体験】新卒半年でスムーズに会社を辞める時の9つのステップ

【実体験】新卒半年でスムーズに会社を辞める時の9つのステップ

※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。 新卒1年以内に会社辞めるときって、周りからの反対がエグそう。。 その通り。特に上司からは半端ないほど反対された。 このブログを見 ...

続きを見る

会社ともう関わりたくない人は退職代行一択だ。課金してノーストレスで辞めよう。オススメの退職代行はこちら。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ブラック信長

人材会社でWeb担当←Web広告代理店←不動産営業 26歳 / 社会人2年間で2回転職→職歴ボロボロでも年収320万円→450万円へUpした「逃げ転職」ノウハウを発信中。サブで副業で一攫千金を狙う。

-転職

© 2024 逃げ転職 Powered by AFFINGER5