転職

【未経験向け】実際に使ったWebマーケティングでおすすめの転職エージェント・サイト10選

未経験からWebマーケティングに転職したいから本当に役立つ転職サイトやエージェントを教えて欲しい。役に立たないのはいらない。

こんな要望にお答えしていく。

本記事の内容

  • 未経験からWebマーケティング業界に転職できる?
  • おすすめ転職エージェント・サイトは?
  • 転職エージェント・サイトの選び方は?

本記事の信頼性

本記事を書いている俺は、実際に新卒半年で不動産会社を退職無職2ヶ月経験未経験からWeb広告代理店に転職。現在は転職エージェント・サイト会社のSEO・Web広告運用の担当として従事。

今回は、未経験からWebマーケティング業界へ転職を考えているあなたに、下記のような項目をわかりやすく解説していく。

  1. 実際に使って分かった本当に役立つ転職エージェント・サイト
  2. 実際に使って分かった役に立たないゴミエージェント・サイト


未経験からWebマーケティング業界に転職する時、もっとも大切なのはあなたの実績なのは間違いない。しかし、実績があったとしても的外れな転職エージェント・サイトを選んでしまうと、思い描いた転職はできない

俺自身、過去によくわからない転職エージェントに登録して、的外れな求人を紹介されて時間の無駄だった。

しかし、世の中には下のカオスマップのように転職エージェント・サイトは腐るほどある。なんと全国に転職エージェントは17,000個あると言われている。

口コミ情報サイト『みんなのキャリア』から引用


そこで今回は、30社ほど転職エージェント・サイトを利用した経験のある俺が、Webマーケティング業界に強い転職エージェント・サイトを全て教えるとともに、役に立たないゴミエージェント・サイトも紹介していく。

結論、俺が今から未経験でWebマーケティング業界に転職するなら下記の3つの転職エージェントを使う。どれも無料なので使ってみるだけでもOKだ。

【大前提】未経験からWebマーケティング業界に転職できる

そもそもの話だが、未経験からWebマーケティング業界に転職することはできる。


事実、俺は未経験からWebマーケティング業界に転職できた。これが何よりの証拠だ。

その理由は「Webマーケティング自体が伸びている業界」だからだ

Webマーケティングは今が激アツな理由

有名な話なので今更感はあるが、2021年にマスコミ4媒体(新聞、雑誌、ラジオ、テレビ)の広告費をインターネット広告費のみで上回った。

電通報より引用

広告媒体名 広告費
マスコミ4媒体広告 2兆4538億円
インターネット広告 2兆7052億円

よって、Web広告が主戦場であるWebマーケティング業界が激アツであることが分かる。

伸びている業界には、金が集まる⇨需要が高まる⇨人手不足になる⇨未経験求人が増えるという経済の流れが、今Webマーケティング業界にも起きている。

実際にIndeedで「未経験 Webマーケティング」と検索した時の求人数を見てみると、多いことが分かる。

Indeedの求人画面



だから、未経験の俺でもWebマーケティング業界に転職できたわけだ。

ただ、完全未経験から必ず転職できるほど甘くはない。下の記事で未経験からWebマーケティングに転職するノウハウを詳しく解説しているので、よければ見て欲しい。

【未経験】Webマーケティング職へ転職は可能?現役Webマーケターの転職論

転職エージェント・サイトの違い

ここではまず、転職エージェントと転職サイトの違いを解説していく。

今すぐオススメの転職エージェント・サイトを知りたい人は「Webマーケティング業界のおすすめ転職エージェント・サイト」まで読み飛ばしてくれ!


転職エージェント・サイトのメリット・デメリット

転職エージェントとサイトの違いについてざっくりまとめると、手厚いサポート体制のもと転職活動できるのが「転職エージェント」、マイペースに転職活動できるのが「転職サイト」といったイメージだ。

それぞれのメリット・デメリットは下記の通りだ。

 

項目

転職エージェント 転職サイト

メリット

書類添削や面接アドバイスあり
・選考~入社までエージェントがサポート
自分では見つけられない求人の紹介あり
・多くの求人を気軽に検索できる
・自分の好きな求人に申し込める
転職活動のペースも自由に調整
デメリット

・紹介される求人数はあまり多くない

電話がかかってきて面倒

自分で日程などの調整をするため面倒

 


それぞれに違ったメリットがあるため、両方とも登録して利用すると効率よく転職活動を進めることができる。

もちろん、全て無料なので登録しておいて得はあっても損はない。

転職エージェント・転職サイトの上手な活用方法

転職エージェントとサイトの違いは分かった。でも、これってどうやって使い分けしたらいいの?


と思った人も多いだろう。そこで今から

  • 転職エージェント・サイトをどうやって使い分けるべきか
  • 転職エージェント・サイトをそれぞれどの程度登録すべきか


について解説していく。

今すぐオススメの転職エージェント・サイトを知りたい人は「Webマーケティング業界のおすすめ転職エージェント・サイト」まで読み飛ばしてくれ!

転職エージェント・サイトの正しい使い分け方

結論から言うと、下記のような使い方がベストだ。

転職エージェント/サイトの使い分け

  • 転職サイト→求人を探して応募する
  • 転職エージェント→都合のいいように利用しまくる

転職初心者であろうが、上級者であろうが関係なく、転職する全員がこの使い方をしたほうがいい。

なぜなら、先程も解説したが転職サイトとエージェントでは役割がまるで違うので、片方しか使わないという選択肢がそもそもおかしい。

特に転職エージェントを利用した方がいい理由と具体的な使い方を下記にまとめた。

転職エージェントを利用すべき理由

  1. 書類添削や面接対策をしてくれる
  2. 転職サイトにはない求人を紹介してくれる
  3. 面接官の特徴を事前に教えてくれる
  4. その会社の面接で聞かれることを教えてくれる

こちら全てが転職サイトにはない転職エージェントの強みだ。そして、これらのサポートを全て無料で行ってくれるので、転職エージェントを使わない手はない。

仮に行きたい会社が決まっていた場合でも、書類添削と面接対策だけしてもらって、その後は無視してもいいわけだ。

転職エージェントはいわば、自分のことが大好きで従順な犬だと思って、都合のいいときだけ使えばいい。面倒になれば、連絡は無視すればいいだけ。

こんなに良いサービスを使わないなんてありえない。

転職エージェント・サイトの最適な登録数

結論から言うと、転職エージェント・転職サイトの最適な登録数は下記の通りだ。

転職エージェント 2〜3社
転職サイト 多いほどよい


この理由を解説していく。

転職エージェントの登録数:2〜3社

俺は先程、「転職エージェントは使わないと損!」と言いまくっていたのだが、だからといって登録し過ぎは全くオススメしない。

なぜなら、転職エージェントはサポートが手厚いので、多くのエージェントと関わってしまうと連絡がたくさん来て非常に面倒になる。

例えるなら、束縛が激しい彼女がたくさんいるようなものだ。あなたの私生活は彼女中心になって面倒に感じてしまうだろう。

だったら転職エージェントは1社だけでいいんじゃない?


と思われるかもしれないが、それは違う。その理由は下記のとおりだ。

転職エージェントを複数登録すべき理由

  • 転職エージェントによって質が違う
  • 転職エージェントの種類が沢山ある
1.転職エージェントによって質が違う

同じ転職エージェント会社であっても、個々の転職エージェントの質の違いが違う。

言い方を変えると、ゴミみたいな転職エージェントを引いてしまう可能性があるのだ。

ゴミ転職エージェントを引いちゃった時は、担当変えてもらえばいいだけでは?

と思われるかもしれない。おっしゃる通りではあるが、それではまだ甘い。

転職エージェントの良し悪しを見分けること自体が難しいので、同時に複数社に登録してエージェントを比較すべきなんだ。

だからこそ、転職エージェントは1社だけではダメだ。


2.転職エージェントの種類が沢山ある
口コミ情報サイト『みんなのキャリア』から引用


先程も見ていただいた転職エージェントカオスマップをもう一度見てほしい。

一口で転職エージェントと言っても、これだけの特徴を持ったたくさんの会社がある。あなた状況・志望業界・業種に合った転職エージェントは1つではない。

だからこそ、転職エージェントは1社だけではダメだ。

転職サイトはいくらでも登録OK

転職エージェントはサポートが手厚いので、何社も登録すると連絡などが面倒になってくるが、転職サイトは180度違う。

転職サイトはたくさん登録すべき理由は下記のとおりだ。

転職サイトを複数登録すべき理由

  • マイペースに求人票を検索できて応募できる
  • 転職サイトごとに掲載されている求人票に違いがある
1.マイペースに求人票を検索できて応募できる

転職エージェントとは違い、転職サイトは担当がつかないので、あなたのペースで求人を探して応募できる。

だからいくらサイト登録しても、連絡が来ることもないので全く面倒にもならない。

2.転職サイトごとに掲載されている求人票に違いがある

転職サイトも転職エージェントと同様に、たくさんの種類がある。さらには、転職サイトごとに掲載されている求人とされていない求人が必ずある。

どこのサイトにあなたが望む求人があるかは登録してみないと分からないので、あなたの志望業界や職種に合う転職サイトがあれば、脳死で登録して損はない。

登録すべき転職エージェントは総合型と特化型

じゃあ、どんな転職エージェントを選べばいいの?

大きく分けて「総合型」「特化型」を1つずつ登録するといい。

総合型

総合型とは、いわゆる大手の転職エージェントで、すべての業界・職種の求人を取り扱っているのが特徴だ。

総合型に該当する転職エージェントと特徴は下記にまとめた。

総合型転職エージェント リクルートエージェント、dodaなど
メリット 求人数が多い
デメリット 特化型に比べると転職支援の内容が薄くなりやすい

実際に総合型のリクルートエージェントとWebマーケティング特化のマスメディアンの求人数を比較した。

転職サイト 求人数
doda 230,377件
マスメディアン 3,890件

※求人数は2023年3月時点

求人数の差は約22万件ある。それほど総合型は圧倒的な求人数を誇る。

だから総合型は必ず1社登録したほうがいい。

特化型

特化型とは、Webマーケティング業界やIT業界など、特定の業界・職種に特化した転職エージェントだ。

マーケティング系の職種に特化したエージェントだと、先程紹介したマスメディアンが有名。

転職エージェント マスメディアン、Geeklyなど
メリット 業界に対する知識が豊富
デメリット 求人数が少ない

特化型は総合型に比べると求人数が少ないが、その業界の求人に関しては特化型のほうが多いため、総合型と合わせて必ず1社は登録しておこう。

Webマーケティング転職でおすすめの転職エージェント5選

実際に俺が未経験からWebマーケティングに転職したときに使った転職エージェント

おすすめ転職エージェント おすすめ理由
▼総合型
リクルートエージェント 業界最大手。転職するなら脳死で登録すべき。
doda転職エージェント 業界大手。リクルートエージェントとどちらか登録すべき。
マイナビエージェント 業界大手。リクルートエージェントとどちらか登録すべき。
▼特化型
マスメディアン Webマーケ特化で最強のエージェント。絶対に登録するべき。
Geekly(ギークリー) マスメディアンで満足できない人は登録して損はない。

 

【総合型】おすすめ転職エージェント3選

リクルートエージェント【登録必須】

リクルートエージェントは転職実績No.1の転職エージェントだ。Webマーケティングに限らずだが、「転職したい」と思ったら、まず初めに登録すべきサービスといえる。

俺は新卒半年で会社を辞めて、孤独の転職活動をしている時にリクルートエージェントに面談してもらって、親身に相談に乗ってもらって精神的にも助かった。

新卒半年で会社を辞めたポンコツ臭が漂う俺にも、丁寧に接してくれたので非常に感謝している。

その一方で、大手だけあって、業界に特化した知識は無いと言う印象だった。それでも利用する価値は十分にあるので、ぜひ検討してみてくれ。

リクルートエージェントの口コミ

https://twitter.com/purotein_no1/status/1626818747028611072?s=53&t=7Iu77wiaIH14WqMH1HKqGw

Webマーケティング求人 9,480件
未経験のWebマーケティング求人 776件
対応地域 全国
ここがおすすめ!

・業界最大手

・求人数もトップクラス

公式サイト こちら

※求人数は2023年3月時点

こんなあなたにオススメ!

転職活動を検討している全ての人類

転職活動をしていて登録していない人はほとんどいない。

\求人数・転職支援実績No.1!/

リクルートエージェントに無料登録する

doda転職エージェント

dodaは業界2位の実績を誇る転職エージェントだ。東証1部上場のパーソルグループが運営するサービスなので安心感もある。

求人数もエージェントの質も、リクルートエージェントとほぼ同じで、業界トップクラス。

転職エージェントは担当者の実力次第でサポートの質が変わってくるので、リクルートエージェントとdodaに登録しておけば確実。

dodaの口コミ

Webマーケティング求人 2,476件
未経験のWebマーケティング求人 164件
対応地域 全国
ここがおすすめ!

・業界2位

・職務経歴書の雛形をダウンロードできる

公式サイト こちら

※求人数は2023年3月時点

こんな人にオススメ!

  • リクルートエージェントでは満足できなかった人
  • 職務経歴書の雛形を欲しい人

実際に俺はdodaを使って1回目の転職をした。

\職務経歴書の雛形を無料でダウンロード/

dodaに無料登録する

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営する大手転職エージェントだ。

リクルートエージェントやdodaとさほど変わりはない印象で、普通に使えるエージェントと言える。

マイナビエージェントの口コミ

Webマーケティング求人 1,903件
未経験のWebマーケティング求人 103件
対応地域 全国
特徴

・業界大手

公式サイト こちら

※求人数は2023年3月時点

こんな人にオススメ!

リクルートエージェントとdodaで満足できなかった人

リクルートエージェントかdodaかマイナビを1社登録しておけば、とりあえず大丈夫だ。

\リクルートエージェントで満足できなかった人/

マイナビエージェントに無料登録する

【特化型】おすすめ転職エージェント2選

マスメディアン【登録必須】

マスメディアンは、「宣伝会議」のグループ会社が運営する専門転職エージェントだ。

マーケティング系専門の転職エージェントなので、未経験からでも応募できるWebマーケティング求人もたくさんある。

また、Webマーケティング知識が豊富なエージェントが多いのもポイント。業界の最新情報や必要なスキルについて話を聞けるため、転職活動を効率的に進められるぞ。

マスメディアンの口コミ

https://twitter.com/schwarz_8/status/142203446806843392?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E142203446806843392%7Ctwgr%5E83931de8dc0a190ef80461157c9a97fc225f7d05%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Ffukugyo-free.com%2Fweb-marketing-agent-site%2F

Webマーケティング求人 3,890件
未経験のWebマーケティング求人 182件
対応地域 全国
特徴

・Webマーケティングに特化

・未経験求人も多い

公式サイト こちら

※求人数は2023年3月時点

こんな人にオススメ!

  • 絶対にWebマーケティング業界に転職したい人
  • 未経験からWebマーケティング業界に転職したい人

ここまでWebマーケティング求人に特化しているのはマスメディアンだけ。

\絶対にWebマーケティングに転職したい人へ!/

マスメディアンに無料登録する

Geekly(ギークリー)

Geekly(ギークリー)は、株式会社Geeklyが運営する専門転職エージェントだ。

大手の転職エージェントに知名度は劣るが、求人数が多く顧客満足度の高いエージェントとなる。

特徴は、求人条件を詳細に検索できるところだ。下の画像は実際に検索結果画面「ネットマーケティング」の項目で絞り込んだ時の画面なのだが、ネットマーケティングの中でも詳細に別れていることが分かる。

Geeklyの実際の求人検索画面

Geeklyの口コミ

Webマーケティング求人 907件
未経験のWebマーケティング求人 66件
対応地域 全国
特徴

・Web系の求人検索の種類が豊富→希望の求人を見つけられる

公式サイト こちら

※求人数は2023年3月時点

こんな人にオススメ!

  • マスメディアンでは満足できなかった人
  • Webマーケティングの中でも細かく条件を検索したい人

ここまで求人検索条件が細かいのはGeeklyだけ。

\詳細な条件検索で自分にあった求人を探す!/

Geeklyに無料登録する

Webマーケティング転職でおすすめの転職サイト5選

おすすめ転職エージェント おすすめ理由
▼総合型
リクナビNEXT 業界最大手。転職するなら脳死で登録すべき。
マイナビ転職 業界大手。求人票が非常に綺麗で見やすい。
エン転職 業界大手。転職サイトの中で求人票が一番見やすい。
Indeed アルバイト・派遣求人も多数。
▼特化型
Green IT業界に特化したNo.1の転職サイト。

【総合型】おすすめ転職サイト4選

1.リクナビNEXT

リクナビNEXTは、株式会社リクルートが運営する大手転職サイトだ。

国内最大手の転職サイトで、圧倒的な求人数を誇る。「転職希望者の80%が登録している」という2021年のデータもあるため、とりあえず脳死で登録しておくべき転職サイトと言える。

Webマーケティング求人 1,527件
未経験のWebマーケティング求人 199件
対応地域 全国
特徴 ・業界トップクラスの求人数
公式サイト こちら

※求人数は2023年3月時点

転職する人は絶対に登録しておくべき転職サイトだ。

\登録して転職活動のスタートラインに立つ!/

リクナビNEXTに無料登録して求人を見る

2.マイナビ転職

マイナビ転職は、マイナビが運営する大手転職サイトだ。求人数が多いのは当然だが、マイナビ転職の最大の強みは圧倒的に求人が見やすいところだ。

先程紹介したリクナビNEXTは、求人数がめちゃくちゃ多いので登録必須なのだが、正直求人の見やすさはマイナビ転職が圧勝するレベルできれいだ。

Webマーケティング求人 368件
未経験のWebマーケティング求人 194件
対応地域 全国
特徴

・圧倒的に求人が見やすい

公式サイト こちら

 

※求人数は2023年3月時点

求人が見やすいって結構大事なので登録しないと損だ。

\圧倒的にきれいな転職サイトで求人を探す!/

マイナビ転職に無料登録して求人を見る

3.エン転職

エン転職はエン・ジャパン株式会社が運営する大手転職サイトだ。芸人のバカリズムがイメージキャラクターなので有名だ。

先程紹介したマイナビ転職と並んで求人が圧倒的に見やすい。

 

Webマーケティング求人 310件
未経験のWebマーケティング求人 310件
対応地域 全国
特徴

求人がきれいで見やすい

公式サイト こちら

※求人数は2023年3月時点

マイナビ転職に並んで求人が圧倒的に見やすい。個人的に一番好きな転職サイトだ。

\圧倒的にきれいな転職サイトで求人を探す!/

エン転職に無料登録して求人を見る

4.Indeed(インディード)

Indeedは世界No.1の求人検索エンジンで、正社員だけではなく業務委託やアルバイト求人も多く掲載されている。

他の転職サイトで正社員求人の全ての選考で落ちた時、最後の砦となるのがIndeedだ。

Webマーケティング求人 44,753件
未経験のWebマーケティング求人 9,255件
対応地域 全国
特徴

・バイト求人も多い

・求人数がトップ

公式サイト こちら

※求人数は2023年3月時点

未経験ならアルバイトからでも始めるのは全然あり。

\バイトや派遣からWebマーケティング業界を目指す!/

Indeedに無料登録して求人を見る

【特化型】おすすめ転職サイト

Green

株式会社アトラエという会社が運営しているIT業界に特化した転職サイトで、滝藤賢一さんがCM出演中だ。

Greenは俺が知る限り、転職サイトの中でWebマーケティングの求人数がここまで豊富なものは他にない。

実際に俺も2回の転職活動で利用したし、今どきのイケてるベンチャー企業の求人数も多いのも特徴だ。

Webマーケティング求人 28,371件
未経験のWebマーケティング求人 8,271件
対応地域 全国
特徴

・Webマーケティングの求人の質が高い

・Webマーケティングの求人数が多い

公式サイト こちら

※求人数は2023年3月時点

Webマーケティングの求人を探すなら絶対に登録してくれ。

\質の高いWebマーケティング求人を探す!/

Greenに無料登録して求人を見る

役に立たない転職エージェント

あくまでもこれからお話するのは「未経験からWebマーケティングに転職したい」という点で役に立たなかっただけであって、転職する人が全員役に立たないわけではないので、勘違いしないで欲しい。

ビズリーチ

ビズリーチは株式会社ビズリーチが運営する転職サイト・エージェントでCMで有名なので、あなたも一度は目にしたことがあるかと思う。

ビズリーチは

  • 即戦力であること
  • ハイクラス(高収入)の転職であること

が前提とされているので、未経験者向けではない。

ただ、俺は実際に使ったから分かるのだが、未経験も求人がないかと言われるとそうでもなく、実際に「Webマーケティング 未経験者」で検索すると、66件ヒットする。

だから未経験者でもビズリーチを使っての転職は可能ではある。

しかし、ビズリーチでの選考は他のエージェントと比較しても厳しいことが多く、俺はビズリーチ経由での選考は12社中12社、書類で落とされた。

これから分かることは、ビズリーチはおそらく未経験者の中でも「高いポテンシャルを持っている人」を対象としている可能性が高い。

レバテックキャリア

レバテックキャリアはレバレジーズ株式会社が運営しているIT業界特化の転職エージェントだ。

業界に特化している点では、マスメディアンやGeeklyと似ているが、レバテックキャリアは経験者向けの求人が圧倒的に多い。

未経験者が利用するべき転職エージェントではないのだ。

役に立たない転職エージェント

  • ビズリーチ→ハイクラスの転職向け
  • レバテックキャリア→経験者向け

【まとめ】未経験からWebマーケティングに転職するには

結局どの転職サイト・エージェントを選べばいいの?

下にまとめたので見てほしい。

Q 未経験からWebマーケティングに転職するために必須の転職サイト・エージェントは?

A 転職サイトは

  • リクナビNEXT(総合型)
  • Green(特化型)

転職エージェントは

  • リクルートエージェント(総合型)
  • マスメディアン(特化型)

 

Q 未経験からWebマーケティングに転職できる?
A できる。なぜならWebマーケティング業界が右肩上がりで人手不足だからだ。


転職で人生は180度変わる

俺は新卒で不動産営業会社に入り、地獄を見た。

毎日が辛く、休みの日ですら仕事が頭を離れず全く楽しめなかった。職場の最寄り駅に近づくたびに動悸がした。

しかし、Webマーケティングに転職して人生は180度変わった。最初は大変だったが、今は仕事が楽しいとは言わないが、苦痛ではなく休みの日も全力で楽しめている。

Webマーケティングじゃなくてもいい。あなたに合った仕事を見つけて人生を謳歌してくれ。

あなたの転職がうまくいくことを祈っている。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ブラック信長

人材会社でWeb担当←Web広告代理店←不動産営業 26歳 / 社会人2年間で2回転職→職歴ボロボロでも年収320万円→450万円へUpした「逃げ転職」ノウハウを発信中。サブで副業で一攫千金を狙う。

-転職
-, ,

© 2024 逃げ転職 Powered by AFFINGER5