転職

【しんどい】精神的に限界なときの最適な退職方法と退職理由を教えます

※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

もう精神的に限界。しんどい。会社をさっさと辞めたい。一番いい退職方法と退職理由を教えて。


こんな悩みを解決していく。


本記事の内容

※青色の文字をクリックすると、気になる項目までページ内移動ができるぞ。


本記事の信頼性

本記事を書いている俺は、実際に新卒半年で不動産会社を退職無職2ヶ月経験→月残業20時間以下のホワイト企業に転職。嫌なことから逃げるように2回転職をして年収を320万→450万へ年収UPに成功。


はじめに


仕事を辞めたいと思ったときに、一番大変なことが「上司に退職することを伝えること」だと思う。

俺も実際に2年以内に2社辞めており、2回も退職を伝えるという経験をしているが、全く慣れないし緊張で心臓がドクドクする。

前向きな退職ならまだしも、精神的な理由ならなおさら大変なのだ。

今回は、精神的な理由で退職するときのベストな方法をあなたに伝授するので、

どういう理由でどうやって退職を切り出せばいいのか分からない。


と悩んでいる人は絶対に損はさせないので読んでみてくれ。


★★金がない&転職にちょっとでも興味のある人★★

面接を受けるだけで最低3万円以上もらえる転職サービスがあるので、興味のある人は下をタップして詳細を見てくれ↓↓

【オススメ】 面接を受けるだけで3万円もらえた転職サービスはこちら

俺も実際に面接受けて3万円もらえた。最初は怪しいと思うやろうから、一度見てみてくれ。

面接を受けて3万円もらえる転職エージェントはこちら↓↓

ペイキャリアの特徴】

  • ガチで本気のオファーしかこない:採用側も俺達に金を払って面接を組むから、ガチのオファーしか来ない。
  • 面接受けて最低3万円もらえる:オファーもらった企業の面接を受けるだけで、最低3万円以上もらえる。

\とりあえず3万円をゲットする/

ペイキャリアに新規登録する

退職が切り出しにくい6つの原因

恋人に別れを切り出すのと同じように、会社を退職することを切り出すのは誰しもが気持ちが億劫になる。その理由を下にまとめた↓↓


それぞれ解説していく↓↓


1.ブチギレられそうで怖い

あなたが最も恐れているのはおそらく上司に怒られることだろう。ブラック企業ならほぼ100%ブチギレられるので、そりゃ怒られるのが事前に分かっていたら憂鬱にもなるだろう。

実際に俺は退職を上司に申し出たときに、以下のことを言われた↓↓

お前を教育した時間を返せ。

うちで通用しなかったらどこに行っても通用せんぞ。

社会舐めてんのか?


とまぁ、いろんなことを沢山言われて上司との面談中は冷や汗が止まらなかった。もしあなたが働いている会社がブラック企業なら、俺の二の舞いになる可能性は高いため、このようになりたくなければ退職代行を使うことをオススメする。

俺の元同期が実際に使った退職代行↓↓

退職代行ガーディアンの特徴】

  • 100%安心:東京都労働委員会に認証されている法適合の合同労働組合なので、違法性なく安心・確実に即日退職ができる。
  • コスパ最強:価格も29,800円とかなり安いためコスパも良い。(退職代行の相場は3~5万円)

退職して今の苦しみから解放される




2.引き止めに合うのが面倒

エン転職の調査によると、「退職意向を伝えた際に、在職企業から引き止めがあるケースとないケースではどちらの方が多いですか」と質問したときに「引き止める」可能性があると回答したのは80%となっており、ほとんどの場合で引き止めにあることがわかっている。

3.退職するまでの期間が気まずい

正社員として働いていると、バイトのときのように「いざとなったら飛ぶ」という切り札を使えず、何かと手続きが必要なため退職することが決定してから最低1ヶ月はかかる。

そうなると、退職すると伝えた日~退職日までの期間、上司や同僚と接するのが非常に気まずくなり、職場が地獄と化す。

俺の実体験

俺は2社とも退職することを伝えてから1ヶ月ほどで辞められたが、2社とも例外なく1ヶ月間は気まずくてしっかりと地獄で、気が遠くなるほど時間がすぎるのが遅かった。

もし、この地獄のように気まずい時間を過ごしたくないのなら退職代行に課金するしか道はない↓↓

地獄の気まずい期間を過ごさずに退職する


4.上司や同僚に申し訳ない

会社で働いているとうざい上司が必ずいるが、いい先輩や同僚も少ないながらいるはずだ。

会社をやめるときに、今までお世話になったいい同僚や上司に申し訳ない気持ちは出てきて少しだけ退職を躊躇する。

ホワイト企業であればあるほどこの気持ちは強くなるが、ホワイト企業なら退職するときに揉めたりしないので、そもそも退職を伝えることに対して底まで悩まない。

やはり悩むのはブラック企業で働いているときなのだ。


5.安定した収入を失う

会社をやめると当然収入がなくなるので、そこはシンプルに痛い。

もし一人暮らしなら死活問題であるが、実家ぐらしならそこまで問題はない。


6.転職を繰り返して職歴に傷がつく

短期離職を繰り返すと、次の転職が厳しくなるので退職を躊躇する。

今辞めたら次まともな会社に転職できるのか、、?


と考えてしまう。この考えが退職するのを躊躇させる。

そして実際に短期離職をすると転職の難易度はぐっと上がる。その時の体験談は下の記事から読める↓↓

【残酷】短期離職は人生終わり?【20代で短期離職を2回繰り返した実体験】

俺の実体験

俺は新卒半年で会社を辞めるという短期離職ムーブを決め込んだが、やはりその後の転職活動は修羅の道となった。


退職するときの6つのポイント【最強の退職方法】


1.相談ではなく決定事項として伝える

相談ベースで退職を伝えると100%引き止められるため、「退職したい」ではなく「〇月▼日に退職する」とバッチリ伝えることが大切だ。

仮に次の転職先が決まってなくても「俺やめるぞ」と強い気持ちを上司、ひいては会社に全面的に押し出す必要がある。

こうしないと、引き止められてズルズルと会社残留を決め込んでしまうこととなる。一刻も早く辞めたい人はなおさら「決定事項」として退職の意志を伝えることが何よりも重要だ。

俺の実体験

俺は2社とも「すでに転職先の入社日が決まっている」という嘘をついたので1ヶ月ほどで辞められた。


2.退職するまでの期間は短めに伝える

一秒でも退職したい場合は、退職日を早めに伝えることが特に大切だ。

ホワイト企業なら伝えた退職日に合わせてくれるが、ブラック企業はそうはいかない。伝えた退職日よりも長引く可能性が高いので、退職するまでの期間は早めに伝えるぐらいでようやく希望日に退職できる。

退職日を早めに伝える例
  • 2ヶ月後に退職したい場合→「1ヶ月後に退職します」と伝える。
  • 1ヶ月後に退職したい場合→「今すぐにでも退職したい」と伝える。


1ヶ月以内と伝えたら2ヶ月後、2ヶ月後と伝えたら3ヶ月後といった具合で先手をうちまくることがポイントだ。


退職理由は嘘でも全然OK

退職理由は嘘で答えても特に問題ない。むしろ、

まじで1秒でも早く辞めたい。会社で呼吸もしたくない。

という場合は嘘の退職理由を伝えたほうが確実に辞められる。おすすめの理由としては

おすすめの退職理由
  • 体調を崩した系
  • 家庭の事情系
  • 他にやりたいことができた系


という3種類の退職理由だ。

具体的にどのように嘘をついて退職するかは後に解説するので、最後まで読み進めてくれ。

早くそこを読みたい人はここを押すと一気にジャンプできるぞ


退職するという強い意志を持つ

退職を切り出しても強い意思がないと流される。上司はあなたを辞めさせないように、あの手この手を使ってあなたの退職を食い止めてくる。

とにかく怒鳴りつけて止めてくる系

お前ふざけんなよ!社会なめんじゃねぇよ!!

異常に優しくして説得してくる系

あなたを家族のように思っているんだよ。もうちょっと一緒に頑張ろっ!あなたが必要なんだよ!

『退職する!』という強い意志がないと、退職を切り出した当日に鬼の説得を受けてしまい気持ちが流れてしまう。

確固たる気持ちで何があろうと会社をやめるんだ!!!という気持ちが大事。


引き止められても応じない

先ほど話した通り、上司はあの手この手であなたを引き止めにかかるが、何があっても1ミリも応じてはいけない。

少しでも残留の意思を見せると、あいつらはそこにつけこんでくる。

給料上げるから残ってよ。(実際は上げない)

後任が見つかるまででいいから残ってよ。(見つける気はない)

俺は実際に上記のようなことを言われて引き止められそうになったが、嘘だということを今まで働いてきてわかり切っていたので、無視して退職の意志を示し続けた。


事前に同僚などに相談しない

退職することを事前に仲のいい同僚や上司に相談すると、99%社内に情報が流出して辞めづらい状況が出来上がってしまう。

人の口は思っているより軽いので、どれだけ信用していようが決して口にしてはいけない。


【レベル別】精神的に限界で辞める時のおすすめ退職理由


【レベル1】体調不良

体調不良はあるあるの退職理由で使いやすい。この理由のメリット・デメリットは下記のとおりだ↓↓

「体調不良」のメリット 「体調不良」のデメリット
会社も無理やり働かせられない 診断書などの証拠が必要

それぞれ簡単に解説していく↓↓


【メリット】会社も無理に働かせられない

もしあなたが本当に体調不良で働くことがきつくなったとき、会社も諦めざるを得ず無理に引き止めることもできないので強い退職理由となる。

しかし、ここでポイントなのは下記の点を意識することだ↓↓

体調不良で意識するポイント

精神的病気か重い病気系にすること


当たり前だが、軽い病気を退職理由とすると

じゃあ1ヶ月くらい休職して治そっか。それから働いて。


となるので、退職する理由までに至らないケースが多い。だからこそ、うつ病などの精神的病気かがんなどの重い病気系にすることで絶対に働けないということを伝える。


【デメリット】診断書などの証拠が必要

体調不良を退職理由に会社をやめようとすると、ほぼ確実に医師からの診断書などの「物的証拠」を求められる。

会社に提出する義務はないのだが、提出しないと本当に病気なのか怪しまれて「病気なら仕方ねぇか、会社辞めてよし!」ムーブが起きにくい。

【まとめ】体調不良はガチなときだけ使える退職カード

のっぴきならない事情なので会社側もあなたの退職を拒めないが、診断書という物的証拠がないと効力が弱くなるので、本当のときだけ使ってほしい。


【レベル2】家庭の事情

この理由のメリット・デメリットは下記のとおりだ↓↓

「家庭の事情」のメリット 「家庭の事情」のデメリット
突っ込まれにくい 設定を徹底的に作り込む必要がある

 

それぞれ簡単に解説していく↓↓


【メリット】突っ込まれにくい

「家庭の事情で仕方なく働くのが難しくなった」と聞くと普通の突っ込みづらく、退職しやすさはトップクラスだ。

センシティブかつ会社ではどうすることもできないので、上司も手出しできないのだ。


【デメリット】設定を徹底的に作り込む必要がある

「退職のしやすさ」という点では威力はトップクラスだが、辞めるとなれば、突っ込みにくいと言っても、詳しい事情は聞かれる。

上司としても会社としてもせっかく金をかけて採用した人材が辞めるのは痛手なので、できる限りあなたを辞めさせない方向に持っていこうとする。

例えば、「身内の介護をしなけれなならず仕事と両立ができないので退職をしたい」としたときに

  • リモートワークでどうにか並行してできないか?
  • 時短勤務で対応できないか?
  • 会社の福利厚生を使って両立できないか?


などなど、様々な対応策であなたを説得にかかる。そして、これらの対応策でも無理な理由を論理的に説明しないと上司は納得せず、すんなりと退職できないどころか

身内の介護とは嘘なんじゃね??


と疑われることすらある。

【まとめ】家庭の事情は諸刃の剣

センシティブ&会社ではどうにもならない場合が多いので、決まれば効果抜群だが、完全に設定を作り込まないと墓穴をほって辞めづらくなる諸刃の剣だ。


【レベル3】違う仕事をしたくなって転職先の入社日が決まっている

この理由のメリット・デメリットは下記のとおりだ↓↓

「転職先が決まっている」のメリット 「転職先が決まっている」のデメリット
入社日が決まっているので退職を承諾せざるを得ない 特になし

それぞれ簡単に解説していく↓↓


【メリット】入社日が決まっているので退職を承諾せざるを得ない

すでに転職活動を終了していて次の入社日が決まっているときは最強で、退職日の交渉もこちらが主導権の握れる。

しかし、1点注意してもらいたいのが、常識で考えて今いる会社に迷惑をかけない入社日に設定することがミソだ。

今すぐ退職したいからと言って、2週間後に入社するので辞めさせてくださいは、流石に急すぎるのでグチグチ言われる可能性が高い。

そこを考慮して最低でも1ヶ月後に設定して、引き継ぎ期間を設けることが最重要だ。

【まとめ】転職先が決まっているのは最強カード

常識的な入社日を設定さえすれば、もはや今の会社はあなたを止めることはできない。実際に俺は転職先が決まっていないにも関わらず嘘をついて2社ともこの理由で退職できた。


スムーズに退職するためのステップ

退職する際のおすすめの理由を知った上で、次のステップとして「どういう流れで退職すればいいのか?」について解説する。

俺は退職を2回経験しているため、その体験を元に

  • スムーズに退職できる具体的手順
  • 退職するための失敗談


を下の記事で解説しているので、詳しく知りたい人は是非読んでくれ↓↓

【実体験】新卒半年でスムーズに会社を辞める時の9つのステップ


どうしても退職を切り出すことが出来ないときの対策

これまで下記のように、退職の方法について解説してきた↓↓

  • 退職するときのポイント
  • 精神的に限界で辞める時のおすすめ退職理由


しかし、そもそも退職を切り出すのにかなりの勇気が必要だ。俺も上司に伝えるときは死ぬほど緊張した。

そして「辞めさせてくれ」といっても会社がなかなか許可してくれず、長引いてストレスがとんでもないことになることも多々ある。

実際に俺は1社目を辞めるときに、「直属の上司→部長→役員」の3段活用でかなり引き止められて、非常にストレスが溜まった。だから

できるなら、退職関連の作業を全て誰かにやってもらいたい。もう会社の人と関わりたくない。。



という人には退職代行を使うことを強くオススメする。

あなたが何をしなくても退職代行が会社とあなたの間に入ってくれて全て退職手続きをやってくれる。中でも退職ガーディアンは俺の友達も実際に使っていたので安心だ。

退職代行ガーディアンを使うと、、、↓↓↓

  • 100%安心して退職できる→東京都労働委員会に認証されている法適合の合同労働組合なので、違法性なく安心・確実に即日退職ができる。
  • 低価格で退職できる29,800円とかなり安いためコスパも良い。(退職代行の相場は3~5万円)


退職代行サービスを使おうとしているやつは基本的に貯金は少ないので、29,800円は高いと感じるだろう。しかし、

  • 自分の口で上司に退職の意向を伝える
  • 引き継ぎ資料を作成して、引き継ぎを行う
  • 上の2項目をしている間の期間の鬼気まずいのを耐える


という会社が嫌でない人でも面倒な作業なのに、もう1回たりとも会社に行きたくないあなたがやると想像するだけで吐きそうになるだろう。

そのストレスを0にできる&会社の手切れ金だと考えれば払えない金額ではないだろう。

全て退職代行に任せてサクッと退職する


【まとめ】しんどい時に退職するのは一筋縄ではいかない

最後に、この記事のまとめを下に書いたのでサラッとおさらいしてくれ↓↓

Q 退職するときのポイントはなんですか?

A 以下の6つがポイントだ↓↓

Q オススメの退職理由はなんですか?

A 以下の3つを状況に分けて使いこなせ↓↓


あなたに伝えたい

今あなたは精神的に苦しいはずだ、せっかく苦労して入った会社を辛くて辞めようとしているんだから。

そして、会社を退職すると上司に伝えるとなると緊張もするし不安にもなるだろう。でもこの記事で書いたことをしっかり守ってくれれば、必ず後腐れなく退職できる。

しかし、そもそも会社と関わりたくないほど限界がきている人もいるだろう。そんなときは退職代行に頼ってもいいと思うぞ。この時代、別に珍しい話じゃないし。

退職代行に任せてサクッと退職する

サクッと退職して、新しい会社で楽しい人生を送ろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ブラック信長

人材会社でWeb担当←Web広告代理店←不動産営業 26歳 / 社会人2年間で2回転職→職歴ボロボロでも年収320万円→450万円へUpした「逃げ転職」ノウハウを発信中。サブで副業で一攫千金を狙う。

-転職
-

© 2024 逃げ転職 Powered by AFFINGER5